釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
UP DATE[アップデート] シーズン1 UP DATE [アップデート]vol.1「初夏~夏に大事なアップデート」

【UP DATE vol.1】けっこう歩く時のオカッパリ装備をエグる

バックパック使用時の持ち込み用品を激エグリ!

カナモが愛用するオカッパリ用バッグで、長距離を歩くような時の持ち込みアイテムをエグってもらった。

今回はフィネス寄りの内容。

バッグはザ・ノースフェイスで中型のバッグパック。その中身はこんな感じ。

ハードベイト系はデカダッジ一択で、ほかはワーム系とフックやシンカーの小物。もちろんランディングネットは必須!

まずはワーム系。様々なタイプで、マス針からオフセットフックでも使えるものをセレクト。ワームならあまりかさばらない!

使用頻度の高いモノはタッパーにブチ込むスタイル。

どう見ても2wayが多いのは気のせいではないはず。カナモの依存度が異常に高いのも分かる。

2wayやAVI35、ファットウィップやエグバグ、バトルホッグ3.3inchっぽいモノも入っているが、コレ1つでどういった状況にも合わせられる仕様。

これ、時折カラーが入りまじって意外と美味しそうなカラーができあがることもある。

で、プロトのスティックベイト系も発見!

フックやシンカーなどの小物はこちらにIN。

DSシンカーやネイルシンカーはバーサス・VS-355SS。

ジグヘッドはメイホー・SFC フライ・SS。

マス針系はメイホー・FB-8(ヘッダー付)とFB-6(ヘッダー付)。

ワームフック一式はレイドジャパンのクイックポーチSサイズを愛用。

フックはインフィニホビットやホバーショット、ザ・スタンダードなど今回使用したソフトベイトのサイズに合ったモノを持参。

詳しくはこの動画をチェック!

関連記事

【UP DATE vol.1】マイクロダッジを勝手にイジる
1-10
【UP DATE vol.1】カナモが絶大な信頼を置くラインセレクト
1-8
【UP DATE vol.1】カナモの当日持ち込みタックル公開
1-7
【UP DATE vol.1】水面ワーミングのUP DATE「2way」の場合
1-6
【UP DATE vol.1】水面ワーミングのUP DATE「AVI35」の場合
1-5
【UP DATE vol.1】羽根モノの使い方をUP DATE
1-4
【UP DATE vol.1】水面アプローチのローテーション
1-3
【UP DATE vol.1】リザーバーで感じ取れるUP DATEパーツ
1-2
【UP DATE vol.1】釣るための「UP DATE(アップデート)」とは?
1-1
この記事のエピソード
UP DATE[アップデート] シーズン1 UP DATE [アップデート]vol.1「初夏~夏に大事なアップデート」
番組TOPへ