釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
キムケンスタイル シーズン4 キムケンスタイルvol.11「サマーバケーションin野尻湖」

【キムケンスタイルvol.11】ディープフラット展開=「巻き」&「リアクション」

もう1つのディープ展開がスピード系の巻き&リアクション

今回のロケで基本的には昼からの展開でもあり、風が強くなってシャローやトップゲームに陰りが見えはじめたらシフトする予定だったのが、ディープ展開。

ワカサギレイクでディープといえば、ワカサギが群れで回遊しやすいディープフラットや地形変化など。野尻湖では琵琶島のディープフラットエリア(7-10mライン)がメジャーポイント。

ここでキムケンが探りを入れたのは、横方向のアプローチで「スピード」を取り入れた展開。使用したのはパワーウィグラー3.5インチと、マックスセント・キングテールのフットボールリグ。

 

魚がピンで映ればシューティング系リアクション攻め

魚探でピンスポットに魚が映れば、キムケン的にマックスセント・キングテールのフットボールリグが実績大の攻め。

MaxScent遂に日本市場に本格導入! キムケン御用達&アメリカのトーナメント市場を席巻中!!! PowerBaitとGulp!の良いとこ取りのハイブリッドシリーズ”MaxScent”遂に登場!!! あらゆる魚種に有効なNEWマテリアルシリーズ!

出典:ピュア・フィッシング・ジャパン

横方向の攻めだが、ストンストンと軽めのリフト&素早いフォールでテンポよく探れる展開。

さらにマックスセントが持つ集魚パワーのある素材とサイズ感で効率よくバイトを引きだせるリグ。

使用していたフットボールヘッドTGは5/8ozで、フックはダブルエッジ#4/0。

ストレートリトリーブによる、安定した中層スイミング、シェイキングを伴うミドスト系アクション、意図的なボトムスタック&ハングオフを意識したリアクション、真下へと落下するフォール…新たなリグのバリエーションが、新たな扉を開く。

出典:リューギ

強引すぎるファイト、オーバースペックタックル(Hクラス以上のロッド、16lb以上のライン)は、あえて想定せず、ギリギリまで細い軸線径に設定。
その上でロングテーパー、TCコートを採用。フックポイントの掛りが良く、カバーやテトラ越しなど、十分にフッキングパワーが伝わらない状況の消え入るようなバイトですらもスッポ抜けず、なんとか魚にフックを掛ける事を目的に設計した。掛けてからは、バレとの戦い。
バレにくさを追求し、形状・バーブなど、フックのトータルバランスを煮詰めた。
仮にストラクチャーに巻かれ、ラインテンションが抜けるような状況においても、時間をかけてランディングへと持ち込む。
獲る為の弱さと言う、矛盾する選択。ダブルエッジ。
“諸刃の剣”という名は、このコンセプトから冠されたもの。
この強烈な個性を使いこなし、強力な武器として欲しい。

出典:リューギ

ワームサイズは大きいが、素早いリフト&フォールで強烈なリアクション攻撃を仕掛け、強制的にサイズを選びながらバイトに導くアプローチ。

昨年はディープブレイクで炸裂したアプローチの1つとのこと。

 

広大なフラットを横方向の巻きで獲る展開はコレ!

かたや、ワカサギの群れがフラットエリアに入ってこれば、フィーディングでバスも回遊してくる。

このタイミングで効果的なのが、スイミング系アプローチ。

スイミングジグなども実績がある中で、キムケンが投入したのが、パワーウィグラー3.5インチのフットボールリグ。

3.5インチパワーウィグラーは4インチをただコンパクトにしただけでなく、 小粒ながらパワーを維持する形状を目指しました。

よりコンパクトになっているため、アンブレラリグやジグトレーラーとしてのジグストなど多用途に渡って使用可能です。

幅広いリグに対応するため、使用用途の可能性を広げるサイズ感となっています。

小型のベイトフィッシュが多かった春の琵琶湖では4インチ以下のワームにビックサイズのバスの反応が集中しました。

出典:ピュア・フィッシング・ジャパン

パワーウィグラー3.5インチは小ぶりながらワイドなテールアクションで存在感をアピールするアイテム。

スモールマウス相手に大きいのかは謎だが、キムケン手持ちのワームの中では一番小さい部類。

フットボールヘッドTGは1/2ozをメインに、ウエイトは前後にローテしながら反応のよいスピードを探す。フックはインフィニの#3/0を使用。

出典:リューギ

ベンドデザインとクランクデザインは、高い実績を誇るピアスフック理論を継承している。
ベンドは伸びに対する高い復元力を有し、クランクはフッキング時にワームがズレやすく、 フッキング率を高める。
更に、ストレートフックの逸品、タントラムコントロールで培った ノウハウを注入。
ギャップ幅と鈎先の向きとのバランスを煮詰める事で、魚に触れやすく、 かつ、フッキングパワーのロスが極力出ない形状を導き出した。
素材はフォグショットなどで採用しているサイバーメタルを採用する事で、 鈎先が鈍りにくく、フックの剛性を更に高めている。
RYUGIの経験の蓄積から生まれた、 究極のスタンダードオフセット。

出典:リューギ

果敢にディープフラットの9m前後を攻めた際、この時は巻く前のフォールでひったくるバイトが発生。

エリアの絞り込みはドンピシャだったという答え合せとなった。

魚の意識とルアーが合っていれば即バイトしてくるのがスモールマウスのイイところ!

ディープフラットで広範囲に魚が散っている時は巻き展開や素早いリアクション展開が効率的になるが、サーチと食わせをうまく使い分けることがキャッチ率を高めるキーとなる。タダ巻きもスローに巻き続けたり、速く巻いて落としてみるなど、トレースレンジやスピードに変化をつけることも大事! 魚の反応が合えば即反応がでるのもスモールマウスの面白いところ。

関連記事

【キムケンスタイルvol.11】ハイプレ場を落とすキーは「ロングディスタンス攻め」NEW
2-10
【キムケンスタイルvol.11】底アタックの流儀「フリーリグ」の隠し味NEW
2-9
【キムケンスタイルvol.11】中層攻略の王道「キャロライナリグ」タックルをエグるNEW
2-8
【キムケンスタイルvol.11】キムケンの野尻湖対策スピニングセッティングNEW
2-7
【キムケンスタイルvol.11】キムケン式「ハイランドレイク攻略のベイトタックル選」NEW
2-6
【キムケンスタイルvol.11】地形変化を狙い撃つボトム展開「底アタック」
2-4
【キムケンスタイルvol.11】水面波動系「フィネス系ベイト」ローテ
2-3
【キムケンスタイルvol.11】水面波動攻め「ハードベイト」ローテーション
2-2
【キムケンスタイルvol.11】キムケンのサマーバケーション「野尻湖レンタルボートフィッシング」
2-1
この記事のエピソード
キムケンスタイル シーズン4 キムケンスタイルvol.11「サマーバケーションin野尻湖」
番組TOPへ