釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
キムケンスタイル シーズン4 キムケンスタイルvol.11「サマーバケーションin野尻湖」

【キムケンスタイルvol.11】ハイプレ場を落とすキーは「ロングディスタンス攻め」

野尻湖では外せないディープフラット攻略のキーはコレ!

キムケンスタイルvol.11では昼以降から繰り広げられたディープエリア展開。

シャローが不調だったり、風が吹いてトップの反応がニブくなるとディープにボートが集まるほどで、数あるディープエリアの中でも琵琶島のディープフラットは魚影が濃くメジャーなポイント。

そんなディープ攻略でキムケンが気にかけていたのはロングキャスト。

ハイプレッシャーになればなるほどボートと魚の距離を取ることでバイトに持ち込みやすくなるのが第一の理由。

特に、ボートの魚探がハイグレード化しすぎている昨今、魚が感じているプレッシャーも相当なモノ。

さらに、いるのが分かるほど精度が高い魚探映像であれば、なおさら近づきすぎる必要もないはず。

レンタルボートの魚探でもこれぐらい明確に水中やボトムの様子が分かる。ならば、距離を取ってプレッシャーも和らげたいのが本音。

そのあたりの理由で、キムケンがディープで導入していたリグはフリーリグやフットボールリグなど飛距離が稼ぎやすいリグ。

出典:リューギ

フットボールリグでは、フットボールヘッドは1/2ozと5/8ozを使用。ワームはパワーウィグラー3.5インチとマックスセント・キングテールを導入。

出典:バークレイ

出典:バークレイ

 

フリーリグはDSヘビーデルタTGの10gをセレクト。

出典:リューギ

ワームはマックスセント・パルステール4.2インチ。

出典:バークレイ

パルステールのフリーリグとキングテールのフットボールリグにおいては、遠方やディープのバイトでも即座に対応するべく、フックは巻くだけでも掛かってくれるダブルエッジ(ともに#4/0)を使用。

出典:リューギ

 

キーは魚の群れに気づかれる前に釣ること!!

ようは、魚にボートが気づかれる前に食わせることが、プレッシャーで沈黙しないためのヒケツ!

さらに、飛距離を稼いでも水深があるため、ディープレンジまで素早く落とし込む意味で、普段よりもかなり細めのラインセッティングで挑んでいた。

フットボールリグ用
ロッド:70MH(プロト)
リール:レボALC-BF7-L【アブ・ガルシア】&DFL100【アブワークス】
ライン:エックスブレイド オルトロスFC12Lb【Y・G・K】
フリーリグ用
ロッド:610ML(プロト)
リール:レボALC-IB7-L【アブ・ガルシア】&DFL100【アブワークス】
ライン:エックスブレイド オルトロスFC12Lb【Y・G・K】

ディープフラットを攻める時も、ディープのブレイクを攻める時も、ラインはともにオルトロスFCの12Lb。

出典:Y・G・K

細くなれば飛距離も稼ぎやすいし、風が吹いても影響を受けにくく操作性も維持しやすいのが、細番手のフロロライン。ただ細くすればよいのではなく、リグやアプローチに合ったタックルセッティングが重要! キムケンのベイトタックルとしては、かなり細いセッティングに感じるが、それほどオルトロスFCを信頼しているというのも分かるはず!

関連記事

【キムケンスタイルvol.11】底アタックの流儀「フリーリグ」の隠し味NEW
2-9
【キムケンスタイルvol.11】中層攻略の王道「キャロライナリグ」タックルをエグるNEW
2-8
【キムケンスタイルvol.11】キムケンの野尻湖対策スピニングセッティングNEW
2-7
【キムケンスタイルvol.11】キムケン式「ハイランドレイク攻略のベイトタックル選」NEW
2-6
【キムケンスタイルvol.11】ディープフラット展開=「巻き」&「リアクション」
2-5
【キムケンスタイルvol.11】地形変化を狙い撃つボトム展開「底アタック」
2-4
【キムケンスタイルvol.11】水面波動系「フィネス系ベイト」ローテ
2-3
【キムケンスタイルvol.11】水面波動攻め「ハードベイト」ローテーション
2-2
【キムケンスタイルvol.11】キムケンのサマーバケーション「野尻湖レンタルボートフィッシング」
2-1
この記事のエピソード
キムケンスタイル シーズン4 キムケンスタイルvol.11「サマーバケーションin野尻湖」
番組TOPへ