釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
キムケンスタイル シーズン2 vol.5「水面系&ギルパターンでロクマルほかデカバス多数in琵琶湖南湖」

キムケン流「南湖シャロー・ギルネストパターン」セレクト

ギルネストパターンの代名詞といえばコレ!

ギルネストパターンで使用したブルシューターは160F がメイン。キムケン的に、浅い側に魚が多い6-7月はJr.、沖側がメインの時は存在感が強い160F を使用。取材時はギルが非常に少ない状況だったが、リンクすれば未だ強烈にハマることをキムケンは実践。

出典:デプス

リアルでヒトキワ強い集魚力を持つ160F はフックをピアストレブルブルータルの# 1/0 に交換し、フッキング優先&フック重量で浮上スピードも少し遅くなるように調整。ウイードパッチの壁に追い込まれたギルのパニックアクションを演出し、見失わせて水面に浮かせることで本能的なリアクションバイトを誘発!

ブルシューターは160FメインにJr.も投入。魚が沖にでていけば160F、シャローや食わせはJr.を愛用。

キャスト時は回転した際にラインヨレが気になるため、スイベルをセット。もし強度面が気になる場合、リューギのダブルクレン式スイベル「キャロダンスイベル・ヘビー」もオススメ!

出典:リューギ

関連記事

全域に魚が散った梅雨の南湖でハメるためのファクターとは?
2-7
キムケン式「梅雨の南湖攻略タックル」
2-6
キムケン流「南湖ウイード攻略」セレクトその2
2-5
キムケン流「南湖ウイード攻略」セレクトその1
2-4
キムケン流「南湖シャロー水面系セレクト」
2-2
ホームレイクでベストな時期だが、恐ろしく難しいタイミング
2-1
この記事のエピソード
キムケンスタイル シーズン2 vol.5「水面系&ギルパターンでロクマルほかデカバス多数in琵琶湖南湖」
番組TOPへ