釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
ヒロセマンのショアジギ道場R シーズン4 ヒロセマンのショアジギ道場R vol.11「晩秋・初冬のマキジグ青物ゲームで対決!」

【ショアジギ道場R vol.11】マキジグ・ジェットの使用タックル

堤防からのマキジグにドンピシャなタックルセレクト!

まずはヒロセマンのタックルセレクト。

ロッドは溺愛するトリプルクロスのショアジギングモデル、TCX-1002LSJ。

「LSJ」はライトショアジギングの略称! 今から10数年前、初代トリプルクロス完成時にヒロセマンが命名したのが「LSJ」なのだ。

様々なフィールドで楽しめるLSJ。サーフなど遠浅なポイントでも活躍する遠投性能。

出典:メジャークラフト

リールはハイギアのカルディアLT5000D-CXH、ラインは弾丸ブレイドX8の1号。リーダーは弾丸フロロショックリーダーの30Lbがメイン。

コストパフォーマンスが優れた日本製PEライン<弾丸ブレイド>。新設計による編み込み方法で、操作性に優れた「低伸度」と、水中の変化やアタリを感じる「高感度」を実現。初心者でも使いやすいように表面をコーティングし、適度なハリを持たせることであらゆる釣りに対応し、ガイドへの糸絡みなどライントラブルを軽減しています。ショアなどで活躍する視認性に優れた単色タイプに、オフショアで有利や10mマーカータイプもラインナップ。

出典:メジャークラフト

弾丸ブレイドは8本編みのX8と、4本編みのX4をベースに、ターゲット別で多彩なラインナップを誇るハイコスパPEライン。

堤防からのお手軽お気楽なショアジギングで使うならX8かX4の1号でOK!!

弾丸ブレイドシリーズにフロロカーボンリーダーが登場!!
安心の日本製ラインとしてコストパフォーマンスに優れた「弾丸ブレイド」登場以来、PEラインを気軽に使用・交換ができるようになりました。そんなPEラインに必要不可欠なのが「弾丸フロロショックリーダー」です。もちろんリーダーも日本製に拘り、しなやかでシステムやノットが組みやすく、初心者にも使いやすいコーティングを施しています。耐摩耗性能や高感度性能は日本製フロロカーボンならではです。

出典:メジャークラフト

TCX-1002LSJではマキジグ・ジェットの40gをメインに使用。

 

ド根性女・ペルちゃんやで! の使用タックルはコチラ!

ロッドは三代目クロステージのショアジギングモデル。

出典:メジャークラフト

クロステージCRX-902LSJ。LSJはライトショアジギングの略称で、9ftのモデル。

CRX-902LSJではマキジグ・ジェットの30gをメインに使用。

9ftで軽くて振り切りやすいうえ、青物が掛かっても余裕のパワーがクロステージのCRX-902LSJ。

リールはカルディアLT4000-CXH、ラインは弾丸ブレイドX8の1号、リーダーは弾丸フロロショックリーダーの35Lb(10号)。

出典:メジャークラフト

出典:メジャークラフト

弾丸フロロショックリーダーは日本製のフロロショックリーダーで、30m巻きで2Lbから100Lbまで非常に幅広いラインナップ。

ショアジギングで多用する25-50Lbもバッチリ揃っているので、非常に強い味方!!

関連記事

【ショアジギ道場R vol.11】ジグメンテナンスにオトクなパーツ!NEW
2-9
【ショアジギ道場R vol.11】現場の相棒に新モデル登場!NEW
2-8
【ショアジギ道場R vol.11】巻くだけジギングで楽なスタイルはコレ!NEW
2-7
【ショアジギ道場R vol.11】お手軽ショアジギングロッド選びのコツNEW
2-6
【ショアジギ道場R vol.11】メタルジグのカラーセレクトNEW
2-4
【ショアジギ道場R vol.11】ショアジギング・底取りの重要性NEW
2-3
【ショアジギ道場R vol.11】投げて巻くだけ「マキジグ」のススメ NEW
2-2
【ショアジギ道場R vol.11】晩秋・初冬の青物狙いで対決再び! 勝敗を左右するのは…NEW
2-1
この記事のエピソード
ヒロセマンのショアジギ道場R シーズン4 ヒロセマンのショアジギ道場R vol.11「晩秋・初冬のマキジグ青物ゲームで対決!」NEW
番組TOPへ