釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
ザ・グレート・ヒロセマンの餌木蔵劇場 シーズン4 ザ・グレート・ヒロセマンの餌木蔵劇場vol.9「春エギングでまさかの数釣り⁉ ネオグロー炸裂!」

ザ・グレート・ヒロセマンの餌木蔵劇場vol.9「潮流で流して誘うドリフト展開」

エンジョイ系エギンガー・シバターの得意技

餌木蔵劇場でHIROSEに勝負を挑んだ結果、餌木蔵劇場ロケでは運命共同体として常に帯同され、結果的には「エギゾークラブ」の会員ナンバー2となったのが、炎上(イ)系エギンガーのシバター。

メジャークラフトのイカ関連アイテム担当だけあって、オーソドックスな展開からテクニカルなアプローチまで幅広くこなすエギンガーで、今回は一発逆転劇でデカアオリを狙い続けてくれた。

そんなシバターが展開したのは、沖を回遊するであろうデカアオリに対して効果的なドリフト展開。

この攻めの場合、潮の動き、シチュエーションが揃わないと実践できないが、タイミングが揃えば想像以上にイカの反応を引きだすことができるテク。

潮上に立ち位置を取って潮下側にキャスト。そのままラインメンディングしながらエギとラインとロッドが真っすぐになるようコントロール。

この動作やコントロールがもっとも重要で、ラインが流れたりエギの向きが変わると、いるであろうイカに違和感を与えやすくなる。

メンディングとロッドワークでエギを送り込めれば、あとは軽くシャクるだけ。

シャクってアピールし、そのまま再びラインテンションに注意しながらエギを潮で流していく。

この時に使うエギは、軽い力でもしっかり動いてくれるモノ! シバターは餌木蔵ベイトフェザー3.5号を使用。

出典:メジャークラフト

シバターの場合、初場所や第1投めは音波モデルをセレクトし、先行者がいたり音波で数投探ったあとは即座にノンラトルモデルにローテ。

特に警戒心が高い春シーズンのデカアオリには、派手すぎないネオグローの派手すぎないアピールが効果的になる。

沖側のボトムからシャクりあげて潮流で流していく。視認性のよいラインの変化を見逃さないよう、ラインを張らずゆるめずでキープしながら送っていく。

この時は瞬間的な時合で、HIROSEが釣った同じタイミングに沖のドリフト攻めでPEラインがピクっと引っ張られた。

シバターが使用しているラインは弾丸ブレイド・クロスのエギング専用X8、0.6号。

シルキーななめらかさ。最高級日本製PEライン「弾丸ブレイド・クロス」

出典:メジャークラフト

ラインスラックを操ったり見ることの多いエギングで、視認性のよい高強度PEラインは絶対に必要なアイテム。もしエギング用のPEラインで迷っている人がいれば、コチラをオススメします。

関連記事

ザ・グレート・ヒロセマンの餌木蔵劇場vol.9「再びあの竿がもらえる!? スケスケ祭2022春」NEW
1-8
ザ・グレート・ヒロセマンの餌木蔵劇場vol.9「足場が高い&悪い時に便利なアイテム」NEW
1-7
ザ・グレート・ヒロセマンの餌木蔵劇場vol.9「春から夏のオカッパリエギングタックル」NEW
1-6
ザ・グレート・ヒロセマンの餌木蔵劇場vol.9「ボートエギングの基本をおさらい」NEW
1-5
ザ・グレート・ヒロセマンの餌木蔵劇場vol.9「じっくり見せる底取りエギング」NEW
1-3
ザ・グレート・ヒロセマンの餌木蔵劇場vol.9「新たな武器【ネオグロー】何が違う?」NEW
1-2
ザ・グレート・ヒロセマンの餌木蔵劇場vol.9「磯とボートで春エギング!」NEW
1-1
この記事のエピソード
ザ・グレート・ヒロセマンの餌木蔵劇場 シーズン4 ザ・グレート・ヒロセマンの餌木蔵劇場vol.9「春エギングでまさかの数釣り⁉ ネオグロー炸裂!」NEW
番組TOPへ