釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
ヒロセマンのショアジギ道場R シーズン6 「ジグとワームで無限大!! 青物&根魚ボコ釣り法」【ヒロセマンのショアジギ道場R vol.18】

ヒロセマンのショアジギ道場R vol.18「見ためで釣れるイカ型ワーム・ライブスクイッドの使い方」

小魚ばかりがエサじゃない! 小イカもパターンになる実力系ベイト

ジグとワームのローテーションで、使っていたワームは2種類。

ここではイカ型のワーム「ライブスクイッド」を紹介。

エンペラーとテールの艶かしい動きが魚を誘う!
ひらひらと動くエンペラーは、正に生きイカ!さらに触腕の動きが加わったダブルアピール効果でイカを捕食する全てのフィッシュイーターを刺激します。ボトムレンジ狙いでは、ハタ系ロックフィッシュ!中表層狙いでは、青物!ジグヘッドからタイラバに付けても面白いワームです。

出典:メジャークラフト

ロックフィッシュ狙いのワーミングで使っているアングラーが多いのは、魚系のシルエットのワームと、イカのシルエットを持つワーム。

テールアクションとボディロールの明滅でアピールする魚型に比べ、イカ型ワームは見ためとしか思えないほど反応も良好!

特にライブスクイッドは、ボディ両サイドにあるエンペラがなびきながら触腕のツインテールがハタめくようにアクションしてくれる一品。

今回はジグヘッドリグで使用したが、フックセットの際の目安になるスリットもあり、ワームセットの基本である真っすぐセットもしやすい。

今回使用していたジグヘッドでは基本的にタダ巻き&フォールがメイン。

着底させてから巻きあげて、中層あたりまで巻いて底まで落とすの繰り返し。

シャッドテール型のワームよりもボディ全体でアピールし、フォール時も独特の存在感。

食いシブった時でも強いコンパクトボディがライブスクイッドの強み!

イカや甲殻類を捕食するロックフィッシュはもちろん、実は青物もイカは大好物。

時期になればイカパターンもハマりやすく、重要なエサとなるほどターゲットを魅了する。でも使い方は簡単! 基本は底から巻きあげて落とすの繰り返し。

遊泳力の強い青物やオオモンハタはリトリーブ系の展開で十分楽しめるし、根に付きやすいアカハタなどのターゲット相手でも、ボトム対応ジグヘッドや定番のテキサスリグ、フリーリグにも合わせられるワームに仕上がっている

関連記事

ヒロセマンのショアジギ道場R vol.18「根に潜られた時の対処法」NEW
3-8
ヒロセマンのショアジギ道場R vol.18「磯から遊べるショアジギタックル」NEW
3-7
ヒロセマンのショアジギ道場R vol.18「バイトチャンスが増えるマキジグ・スローの特性」NEW
3-5
ヒロセマンのショアジギ道場R vol.18「泳がせ系ワーム・スタビシャッドの使い分け」NEW
3-4
ヒロセマンのショアジギ道場R vol.18「全層の青物&根魚を網羅! ジグとワームのローテ攻め」NEW
3-3
ヒロセマンのショアジギ道場R vol.18「投げて巻けば釣れる【マキジグの激ヤバカラー】」NEW
3-2
ヒロセマンのショアジギ道場R vol.18「青物とロックをジグ&ワームで狙い撃ち」NEW
3-1
この記事のエピソード
ヒロセマンのショアジギ道場R シーズン6 「ジグとワームで無限大!! 青物&根魚ボコ釣り法」【ヒロセマンのショアジギ道場R vol.18】NEW
番組TOPへ