釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
たまらんばい永野の南湖LOVER シーズン2 vol.1地形変化をていねいに&爆風ミノーパターン「デッドスローユスリング」&「たまらんばいジャーク」炸裂編

デッドスローユスリングのベストセッティング

シビアなデカバスの甘噛みバイトでも乗せる、たまらんばい的フックセット法

シビアな春バスにめっぽい威力を発揮するアプローチが、デッドスローユスリング!使用するワームはスタッガーオリジナルの5inchで、3.5gシンカーを用いたライトテキサス。

そんなスタッガーオリジナル5inchのライトテキサスで使用するフックは、ノガレス・フッキングマスター・リミテッドエディションのモンスタークラスで、サイズはズバシ! #4/0。

アンチラスト×ゼロフリクション採用! モンスターを獲るための最強フック!

強靭なウルトラヘビーワイヤーに「アンチラスト×ゼロフリクション」ダブルコートを施すことで、サビに強く、異次元のフッキングレスポンスを長時間維持することが可能に。極限まで鋭さを追求したフックポイントはまるで、ファインワイヤーフックのようなフッキングでモンスターバスの硬いアゴを確実に貫通します。超バルキーなワームのセッティングにもベストマッチしたスーパーオフセット設計。ランカーサイズを獲るために、クランク形状、シャンクの長さ、ポイント位置、セッティングシルエットなど、細部に渡って考え抜かれた設計により、ブッシュやウィードの中でもセットしたワームがズレにくく、安定した姿勢を維持できます。

出典:バリバス

このフックはスタッガーに合わせて作られているといっても過言ではないほど絶妙なフッキングを可能にするフックだが、デッドスローユスリングでも神セッティングが存在。

 


セット法には少しコツがあって、頭から刺して3段目のお腹から抜く。これでラインアイがちょうどワームのヘッド部に埋まった状態になる。

背中側からでているフックポイント(針先)は薄皮1枚程度の「セミむき出し」状態にするのがコツ!

ウイードが少ない今期の琵琶湖南湖では針先でウイードを拾うことも少ないため、セミむき出しはフッキング最優先のレーシング仕様。

反応がシビアな春のデカバスは甘噛みのようなバイトも多く、フックポイントを隠しているとフックアップどころか、抜けてしまう恐れもあるため、たまらんばいが自らの経験から会得した独自のフックセット法なのだ。

関連記事

南湖LOVER的南湖周辺ガイド☆その3
春に必携の食わせ系スピニングタックル
春攻略のたまらんばいタックル公開!
QCS(トライ[クイックチェンジャー]セット)
偏平ボディのスゴいヤツ「スタッガーワイドホグ」
たまらんばい的「スタッガーのカラーローテ」
南湖LOVER的南湖周辺ガイド☆その2
たまらんばい永野の伝家の宝刀!そろそろ活躍間違いナシなリグ公開
「たまらんばいジャーク」といえばコレ!
風が吹いたら「たまらんばいミノー」
シビアな春のビッグワンを狙って食わせる究極系ワーミング公開!
南湖LOVER的南湖周辺ガイド☆その1
たまらんばい的「地形変化の攻め方」
たまらんばい的「ウイードレス南湖攻略・ver.スプリング」
この記事のエピソード
たまらんばい永野の南湖LOVER シーズン2 vol.1地形変化をていねいに&爆風ミノーパターン「デッドスローユスリング」&「たまらんばいジャーク」炸裂編
番組TOPへ