釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
三原節 シーズン1 三原節vol.2「夏リバーオカッパリ攻略」

【三原節[みはらぶし]vol.2】ビッグベイトを進化させるコダワリ

三原直之のビッグベイトセッティングが進化!

使用感を今まで以上に研ぎ澄ます、三原節ビッグベイトタックルセッティングの最新バージョンアップは、ラインセッティング。

三原くんがギルロイドJr.やビッグクローラーベイトで使用しているロッドは、自身がプロデュースするロッド「ロデオライドリバイバー・バトルクライ」。

リールは8.1:1のハイギアモデルを使用し、今までは高強度フロロラインのソラロームⓇエクスレッド18Lbを愛用していたが、三原節vol.2では、そのタックルセッティングが少し進化。ベースとなるロッドとリールは変えず、ラインを変更。

そのラインが、ソラロームⓇエクスレッドtypeNS。

結びやすさが強化された、実戦仕様の結束強力。エクスレッドのDNAたる、徹底された均一直線構造。よりしなやかな糸質で、クセのない伸びやかな直線性を発揮。抜群の操作性で、スイム系からテクニカル系ルアーにベストマッチ。

出典:東レ・モノフィラメント

 

ここ最近、使用しているアングラーも増加中のラインだが、素材はエクスレッドと同じくフロロカーボン。

同じフロロでも何が違うかというと、新技術のナノスリットを導入した素材を採用し、さらに強い結束を実現したうえ、同ランクのフロロよりも径を細く設計した次世代フロロライン。

三原くんの使い分けとして、カバー撃ちなどで障害物に対する擦れや根ズレが考えられるシーンでは今まで通りにソラロームⓇエクスレッドを使用。

水面系などでロングキャストを要するシチュエーションや何かに擦れたりしない環境下では、同じ号数でも飛距離が稼げてラインの重量をアングラー側でコントロールしやすいソラロームⓇエクスレッドtypeNSを使用するとのこと。

 

何もないオープンエリアであればロングキャストも必要で、逆にピンスポットでもがくようなアクションを演出するシーンでは、実際のところ、ラインメンディングやラインのさばき方が求められる。

ようは、今まで以上に繊細に扱いたいならば、コントロール性の高いラインの方がアドバンテージも高くなるという考え方。

 

そんな三原くんが信頼しているソラロームⓇエクスレッドシリーズだが、東レ・モノフィラメントでキャンペーンを実施中!

出典:東レ・モノフィラメント

期間中は当選者に豪華な賞品が贈呈。このキャンペーンだけの限定アイテムが多数用意されている。

出典:東レ・モノフィラメント

対象商品はコチラ!

出典:東レ・モノフィラメント

詳しくは東レ・モノフィラメントのHPまで!

出典:東レ・モノフィラメント

シークレットイベントって何だろか?

2回に分けて実施しているが、第一弾は8月31日まで。第二弾が9月1日から11月30日までの期間限定で開催中。愛用しているアングラーも、今から試してみようと思っているアングラーも手に取りやすいはず!!
今回のタックル解説動画はコチラ!

関連記事

【三原節[みはらぶし]vol.2】ミハラ的ロングワームの可能性
2-10
【三原節[みはらぶし]vol.2】プロトのメタルマウスをイジる!
2-9
【三原節[みはらぶし]vol.2】三原節vol.2の持ち込みバッグ
2-8
【三原節[みはらぶし]vol.2】カバーフィネスの新たな武器公開!
2-7
【三原節[みはらぶし]vol.2】夏の川バス攻略タックルセレクト
2-6
【三原節[みはらぶし]vol.2】新たなカバー&水面の食わせ系
2-5
【三原節[みはらぶし]vol.2】夏の水面系「羽根モノ」ローテ
2-3
【三原節[みはらぶし]vol.2】ミハラ式サイト「ギルロイドJr.」の使い方・夏編
2-2
【三原節[みはらぶし]vol.2】ミハラ的オカッパリ「夏の川バス攻略」に密着!
2-1
この記事のエピソード
三原節 シーズン1 三原節vol.2「夏リバーオカッパリ攻略」
番組TOPへ