釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
キムケンスタイル シーズン4 キムケンスタイルvol.11「サマーバケーションin野尻湖」

【キムケンスタイルvol.11】底アタックの流儀「フリーリグ」の隠し味

人気のフリーリグ。キムケンのスパイス的な工夫はココ!

今回のロケで炸裂したのが、フリーリグ!

キムケンが使用していたのは、マックスセント・パルステール4.2インチ。

偏平のリングボディでクビレた細いテール。フォール時の抵抗も大きいため、フリーのノーシンカー状態で落とせるフリーリグにも向いているアイテム。

素材はもちろんマックスセントなので、スモールマウス攻略には文句ナシの一品!

出典:バークレイ

合わせていたフックはダブルエッジの#4/0、シンカーはDSヘビーデルタTGの10g。

出典:リューギ

出典:リューギ

 

で、さらにシンカーとフックの間に挟んでいたのがコレ!

ショック吸収のためのウキ止めゴムだが、隠し味としてキムケンが愛用しているのは、夜光玉ソフト。

出典:ささめ針

サイズは#2で、シンカーを通したらコレを入れてフックを結ぶだけ。

 

最大の理由はラインへのダメージ軽減だが、実は・・・

ロケ時に、釣れたから少ししゃべります! と暴露してくれたのがココ!

キムケンいわく、フリーリグでシンカーのアイが結びめに当たった際、ダブルラインによる結びめが大きいとアイがハマって動かなくなるのを防ぐのが最大の目的。

激しいロッドワークやキムケン印のフルフッキングによってキンクしてラインブレイクを防ぐためでもあるが、グロー素材による集魚効果もひそかに感じているとのこと。

クリアレイクといえども7-10mのディープレンジになると太陽光も届きにくいため、夜光パワーによる集魚効果もあなどれない!!

ちょっとした工夫、チラリズム的なアピールほどハイプレ場では真価を発揮してくれる!!

釣れるエリアには当然ながらボートも集まりアッという間に船団ができる野尻湖。ボートプレッシャーも相当だが、同じリグやアプローチでも、ほんの少し工夫することでバイト率もキャッチ率もUPできるはず。夜光玉の効果のほどは、ぜひともフィールドで試してみてほしい!

関連記事

【キムケンスタイルvol.11】ハイプレ場を落とすキーは「ロングディスタンス攻め」NEW
2-10
【キムケンスタイルvol.11】中層攻略の王道「キャロライナリグ」タックルをエグるNEW
2-8
【キムケンスタイルvol.11】キムケンの野尻湖対策スピニングセッティングNEW
2-7
【キムケンスタイルvol.11】キムケン式「ハイランドレイク攻略のベイトタックル選」NEW
2-6
【キムケンスタイルvol.11】ディープフラット展開=「巻き」&「リアクション」
2-5
【キムケンスタイルvol.11】地形変化を狙い撃つボトム展開「底アタック」
2-4
【キムケンスタイルvol.11】水面波動系「フィネス系ベイト」ローテ
2-3
【キムケンスタイルvol.11】水面波動攻め「ハードベイト」ローテーション
2-2
【キムケンスタイルvol.11】キムケンのサマーバケーション「野尻湖レンタルボートフィッシング」
2-1
この記事のエピソード
キムケンスタイル シーズン4 キムケンスタイルvol.11「サマーバケーションin野尻湖」
番組TOPへ