釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
キムケンスタイル シーズン4 キムケンスタイルvol.11「サマーバケーションin野尻湖」

【キムケンスタイルvol.11】中層攻略の王道「キャロライナリグ」タックルをエグる

野尻湖ならずリザーバーではテッパン的リグがキャロ

野尻湖をはじめとするスモールマウスレイクで外せないリグが「キャロライナリグ」。

初日はまったく使っていなかったキムケンも、状況次第ではアリかも⁉ と用意したほど。

キムケンが使っていたのは、マックスセント・ヒットワーム4.5inch。

マックスセント素材で超オーソドックスなストレート形状のワーム。

泳がせても、落としても、究極、何もしなくても誘い続けてくれるデザイン。

ネコリグやダウンショットだけではなく、リーダーレスダウンショットやキャロライナリグにも使える万能型ワーム!
5.5″D-wormに比べ、太めのボディを採用。ボディからテール側にテーパーを付けることで水を後ろに受け流しつつ、テール部分が水を受けることで自発的アクションを生み出すことが可能。

出典:バークレイ

 

合わせていたシンカーはブラックビーンズTGの7gでフックはインフィニの#2/0。キャロダンスイベルのミドルに、ウキ止めゴムは夜光玉ソフトの#2。

出典:リューギ

出典:リューギ

出典:リューギ

出典:ささめ針

基本的には、ボトムまで沈めてベイトのレンジまで落とし込んで食わせるか、高めにリフトさせて漂わせるような中層のフォールでリアクションバイトを誘うかでアプローチ。

ロケ時は水面でボイルしマクっている時でも、ボトムで反応する個体の方がサイズもよかったこともあり、あえて水面のボイルを無視して投入。

ただし、キムケンのリズムには少し合わなかったようで、短時間で切り上げたのも本音。

ちなみに使用タックルはコチラ!

キャロ用
ロッド:610ML(プロト)
リール:レボMGXシータ3000SH【アブ・ガルシア】
ライン:エックスブレイド オルトロスPE WX8 フィネスシャングリラ0.5号【Y・G・K】
リーダー:エックスブレイド オルトロスFC7Lb【Y・G・K】 ※約2mをFGノットで結束

出典:ピュア・フィッシング・ジャパン

出典:Y・G・K

出典:Y・G・K

ディープレンジのライトリグ展開では、距離をだせて素早く沈められるライトラインが有利なシーンも多い。フロロラインでも問題はないが、極細ながら圧倒的な感度と強度を誇るフィネス専用設計のPEラインは、新たなディープエリア攻略の足掛かりも作ってくれる!

関連記事

【キムケンスタイルvol.11】ハイプレ場を落とすキーは「ロングディスタンス攻め」NEW
2-10
【キムケンスタイルvol.11】底アタックの流儀「フリーリグ」の隠し味NEW
2-9
【キムケンスタイルvol.11】キムケンの野尻湖対策スピニングセッティングNEW
2-7
【キムケンスタイルvol.11】キムケン式「ハイランドレイク攻略のベイトタックル選」NEW
2-6
【キムケンスタイルvol.11】ディープフラット展開=「巻き」&「リアクション」
2-5
【キムケンスタイルvol.11】地形変化を狙い撃つボトム展開「底アタック」
2-4
【キムケンスタイルvol.11】水面波動系「フィネス系ベイト」ローテ
2-3
【キムケンスタイルvol.11】水面波動攻め「ハードベイト」ローテーション
2-2
【キムケンスタイルvol.11】キムケンのサマーバケーション「野尻湖レンタルボートフィッシング」
2-1
この記事のエピソード
キムケンスタイル シーズン4 キムケンスタイルvol.11「サマーバケーションin野尻湖」
番組TOPへ