釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
キムケンスタイル シーズン4 キムケンスタイルvol.12 「霞ケ浦水系オカッパリ!! キムケンの新たなる扉[ホバストですわぁ]」

【キムケンスタイルvol.12】カスミ水系を征したオカッパリタックル

キムケンのカスミ水系オカッパリ対応タックルを公開

キムケンスタイルvol.12の北浦&霞ケ浦水系オカッパリ編でキムケンが厳選したのは2セット!

オカッパリでは機動力も必要不可欠! いろいろタックルを持ちたいところだけど、絞りに絞ってXHパワーとMHパワーの2セット。

 

表層プラッギング&カバーゲームはコチラ!

イヴォークゼロJr.やNEWカクル、バックスライド系などやや重量級ルアーにはこの組合せ。

表層&カバー用

ロッド:70XH(プロト)

リール:レボ・ブラック10-L【アブガルシア】

ライン:エックスブレイド・オルトロスFC20Lb【Y・G・K】

ロッドはプロトモデルの70XHで、リールはキムケン印のレボ・ブラック10。

2017年 新しくなった第4世代のRevoELITEシリーズのプロトタイプを見たときからBLACK10の企画はスタートしました。

当時も今もBLACK9は私が拘りぬいて作った最高のリールですが、第4世代のRevoだからこそ実現できるブラッシュアップをBLACK10に施しました。

BLACKシリーズに最優先で求めている『剛性』を損ねることなく10.1:1のハイギア化。

ギア比10/最大ライン巻取り105cmという、僕が待ち望んだハイギアの新たな次元に突入しました。

クラッチには、耐久性と精度を大幅に向上させたデュラクラッチを採用。

軽量ルアー使用時などにおいて低速回転域での強みを出せるマグトラックスⅢをブレーキシステムに採用しました。

一見するとギア比の高速化を除くと、従来のBLACKシリーズから大きな違いは実感しづらいですが、

この他にも随所に確かな改良を施し、『キムケン的』最強リールBLACK10が完成しました。

出典:ピュア・フィッシング・ジャパン

ラインはオカッパリの場合、オルトロスFCの20Lbがいつも通りのキムケンスタイル!

(社)日本釣用品工業会糸径に究めて準じたマテリアル質量を持つ、単位断面強度が最高レベルのフロロカーボン原糸です。3号dia0.293mm=13.3lb+。この原糸にYGK特殊技術であるa1+加工を施し、糸径誤差が殆どなく最高強度が安定し、ナノスクラッチなどが入りにくい〝せん断強度〟をもたらし、突発的な外因性ダメージによる突然のラインブレイクへの対抗性を保持しパワーゲームを制します。更に延伸倍率と曲げ弾性率を見直し新開発テクノロジーを駆使し、最高相互到達点を意図的に設定することが可能となり、フィールドから得られた膨大な情報とYGKビッグデータをもとにトライ&エラーを敢行し、カバーやストラクチャーに対するラインの巻き付きなどを高次元で回避する直線性・張りをもたせながらリールスプール上でごわつかず躊躇なく渾身のフルキャストを決めれます。硬質であるが柔らかい、この相反性能を見事に突き抜けたのがオルトロスFCである。

出典:Y・G・K

イヴォークゼロJr.(プロト)から吊るし系、フロッグまではこのタックルで、フロッグ使用時のみラインはオルトロスPE WX8 P-1のUS 65Lb(#6号)に変更。

(社)日本釣用品工業会糸径に究めて準じたマテリアル質量を持ち、理論上の強力では計りきれない驚愕の耐久性と強度を発揮する、世界唯一のYGK特殊構造WX8PI=PEライン。 6号dia0.418mm=100lb=1333dtex(デシテックス)。 追求したのは、カバーから引き抜く圧倒的パワー。グラスをものともしない圧倒的耐摩耗性。確実に顎を貫き、センシティブなルアーアクションを可能とする高弾性率・低伸度。構造的直線性がもたらすバックラッシュ抑制と圧倒的キャスタビリティー。 唯一無二の技術である、超々高強力PE中芯1本を高密度WX8本組で締め込み、新開発HPGZ加工(加圧式樹脂加工)を施す事によりこれらを可能とした。異次元の風合い、正に一択のエピローグ。 新たなPEラインの世界へ。

出典:Y・G・K

ワーミング系からクランク&シャッドまではコチラ

キムケン的に新たな扉となったパルステールのホバスト、クランクやシャッドも扱っていたのがこのタックル。

キムケン的バーサタイルセッティングがコチラ!

ワーミング&プラグなど

ロッド:70MH(プロト)

リール:レボ・ALC-BF7-L【アブガルシア】&DFL100【アブワークス】

ライン:エックスブレイド・オルトロスFC12Lb【Y・G・K】

 

ロッドはプロトモデルの70MHで、リールはレボ・ALC-BF7-L。

新生、次世代のソルト対応のベイトフィネスリール新登場。

自重は軽量の141g、ユーザーの好みに応じて、マグネット数を増やせるマグトラックスIIIブレーキシステムを搭載。

その軽さは異次元で装着する竿の感度や特性まで向上させる。

バスではベイトフィネスやミノーのトゥイッチング、シャッドのリトリーブ。

SWではベイトフィネスから近年流行のボートアジングまで対応できる。

出典:ピュア・フィッシング・ジャパン

ハンドルはキムケンが手掛けるアブワークスのDFL100。

出典:ピュア・フィッシング・ジャパン

 

ラインはエックスブレイド・オルトロスFCの12Lb。これがキムケン流のフィネスセッティング!

(社)日本釣用品工業会糸径に究めて準じたマテリアル質量を持つ、単位断面強度が最高レベルのフロロカーボン原糸です。3号dia0.293mm=13.3lb+。この原糸にYGK特殊技術であるa1+加工を施し、糸径誤差が殆どなく最高強度が安定し、ナノスクラッチなどが入りにくい〝せん断強度〟をもたらし、突発的な外因性ダメージによる突然のラインブレイクへの対抗性を保持しパワーゲームを制します。更に延伸倍率と曲げ弾性率を見直し新開発テクノロジーを駆使し、最高相互到達点を意図的に設定することが可能となり、フィールドから得られた膨大な情報とYGKビッグデータをもとにトライ&エラーを敢行し、カバーやストラクチャーに対するラインの巻き付きなどを高次元で回避する直線性・張りをもたせながらリールスプール上でごわつかず躊躇なく渾身のフルキャストを決めれます。硬質であるが柔らかい、この相反性能を見事に突き抜けたのがオルトロスFCである。

出典:Y・G・K

場所は変われどキムケンのストロングタックルに変わりなし!! 基本的には両方フロロで、だいたいのシチュエーションは20Lbでこなすことが多い。今回のように超ヘビーカバーのみリールだけ変更してPE仕様にローテ。

関連記事

【キムケンスタイルvol.12】キムケンの奥の手アプローチ「シャッドサイト」NEW
3-9
【キムケンスタイルvol.12】キムケンのプロトアイテム「イヴォーク2.5」をエグるNEW
3-8
【キムケンスタイルvol.12】カスミ攻略の主軸水面系ローテNEW
3-6
【キムケンスタイルvol.12】キムケン的「今ドキのカスミ対策」
3-5
【キムケンスタイルvol.12】吊るしのストロングはフロッグにアリ!
3-4
【キムケンスタイルvol.12】キムケンが開く新たな扉「ホバスト展開」
3-3
【キムケンスタイルvol.12】カスミ水系攻略!王道展開のワーミングをエグる
3-2
【キムケンスタイルvol.12】キムケンが関東メジャー場で久々にオカッパリ!
3-1
この記事のエピソード
キムケンスタイル シーズン4 キムケンスタイルvol.12 「霞ケ浦水系オカッパリ!! キムケンの新たなる扉[ホバストですわぁ]」
番組TOPへ