釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
ザ・グレート・ヒロセマンの餌木蔵劇場 シーズン2 餌木蔵劇場vol.3「磯&波止でオカッパリエギング!」

【餌木蔵劇場vol.3】餌木蔵直伝「エギのサイズを選ぶコツ!」

エギングでエギのサイズを選ぶコツ!

エギといえば小さいモノでは1.5号ぐらいから4号を超える大型まで幅広くラインナップされている。

餌木蔵劇場で活躍している餌木蔵は現在、2.5号から3.5号がラインナップ。

出典:メジャークラフト

 

そんな中から使うサイズを選ぶなら、釣りをする場所のイカのサイズに合わせたセレクトが釣果に直結する!

特に秋はイカも新子とよばれるコロッケサイズが多いので、コロッケサイズのイカでも抱くことができる小さなエギを選ぶことが大切。

寄せる力が必要な時は大きなエギで、抱かせる力が強いのは小さなエギ。

ただ、イカが小さいとエギに触るだけの時も多い。

餌木蔵のサイズでいえば、基本的に秋から晩秋にかけての新子からとんかつサイズと呼ばれる胴長15㎝以内までは2.5号か3号。

冬から初夏までの胴長20㎝以上で1Kgをゆうに超す大型アオリが狙えるシーズンは3.5号を目安に選んでみると大丈夫。

小さいエギは自重も軽く、沈むスピードも遅いため手返しは悪くなる。

大きいエギは飛距離も稼げて沈むのも速いし、わざと小さいイカを避けることもできる。

手返しのよさが必要なポイントや釣り方なら、少し大きめのエギを選ぶのも答えの1つ。

考え方次第だが、サイトする時とキャスティングでテンポよくサーチする時は明確に使い分けると大きな武器になる。

エギのサイズで迷ってしまう時、とにもかくにも、その場のイカのサイズに合わせることが大事! 秋は2.5号と3号をメインに、冬は3.5号と割り切ってやれば迷いもなくなり集中できるはず。
餌木蔵NEWカラーの解説動画はコチラ!

関連記事

【餌木蔵劇場vol.3】イカの反応を引きだし続けるシャクリ方のコツNEW
1-9
【餌木蔵劇場vol.3】ヒロセマンがオススメする秋~初冬のエギングロッド選NEW
1-8
【餌木蔵劇場vol.3】餌木蔵スティックGETのチャンス!![餌木蔵スケスケ祭2020のおさらい!]NEW
1-6
【餌木蔵劇場vol.3】ヒロセマンのアクティブ系エギングタックル公開NEW
1-5
【餌木蔵劇場vol.3】竿抜け場を探せ! 堤防の狙いドコロNEW
1-4
【餌木蔵劇場vol.3】アオリに直結! 磯場の狙いドコロNEW
1-3
【餌木蔵劇場vol.3】スケスケボディで新たなアピール! 餌木蔵NEWカラーをエグるNEW
1-2
【餌木蔵劇場vol.3】オカッパリの基本! 磯と堤防でエギング!!NEW
1-1
この記事のエピソード
ザ・グレート・ヒロセマンの餌木蔵劇場 シーズン2 餌木蔵劇場vol.3「磯&波止でオカッパリエギング!」NEW
番組TOPへ