釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
奥田学 BigTheory シーズン2 「クリアアップを征するビッグセオリー」奥田学BigTheory[ビッグセオリー]vol.4

「奥田学ビッグセオリーvol.4」巻きのアドバンテージ【ギア比編】

ハイスピードギアならではのメリット

巻き展開で、奥田が特に得意とするビッグベイトやジャイアントベイトでは、今やハイギアリールが欠かせない。

表層系、中層系、ボトム系と細分化されたビッグベイト&ジャイアントベイトが存在するが、速く巻くだけではないのが昨今のアプローチ。

アクションの緩急をハッキリつけることで警戒心が強くテリトリーの狭いビッグワンもバイトに持ち込めるようになるが、このアクションの緩急はルアーの性能以上に、使用するタックル(特にリール)のセッティングに大きく左右される。

感度の高い巻きの重要性は別項でも紹介したが、ここで触れておきたいのは「アクションの緩急」をいかに簡単に演出できるか。

この演出を可能にするのは、ハイギアの域を超えたエクストラハイギア採用のリール。

奥田がビッグベイトやアラバマ系で合わせているリールは、スコーピオンMD 300XG LH。

モンスターとの力勝負を見据えたナイロン20lbを160mストックするストロングベイトリールの登場です。スプールを薄肉化&ナロー化したうえで、SVSブレーキのピンを従来の6本から8本へ増やすことで、遠投性能と対バックラッシュ性能をともに向上。ビッグベイトをはじめとする空気抵抗の大きいルアーを使用していても、安心して振り切れます。43mmの大径スプールと7.9のエキストラハイギアにより着水直後からクイックなルアー操作が可能。ハンドルは45mmの標準仕様と、51mmのロング仕様をご用意しました。

出典:シマノ

 

マイクロモジュールにXGギアをコンボしたアイテムだが、メリハリのあるアクションをリーリングだけで演出するには不可欠な存在!

ギア比7.9:1でハンドル1回転の最大糸巻き長は107㎝を誇るため、遠距離であろうが近距離であろうが突出したスピードの緩急がつけやすい。

ここ近年で定番アクションとなったリーリングジャーク、ハンドリングジャーク、ベーシックなストップ&ゴーもさらに軽快なアクションが演出できるようになった。

 

参考までに、奥田のジャイアントベイト用タックルはコチラ。

ロッドはバンタム170UH-SB(←2019限定生産モデル)、リールはスコーピオンMD 300XG、ハンドルは夢屋・ウルトラストロングハンドル、ラインはPEラインセッティング。

この「ウルトラストロングハンドル」に関しては別コラムでエグります!

パワフルに使える48mmハンドル、55mmロングハンドルに 大型のノブを装着。ビッグフィッシュに対応できるストロングスタイル。

出典:シマノ

ロッドワークによるアワセよりも確実にハンドル1回転の方がラインを引っぱることができる(=アワセが効く)ので、瞬間的な違和感にもXGギアの瞬間的な巻きがフッキングレスポンスを今以上にUPしてくれる。

関連記事

「奥田学ビッグセオリーvol.4」ジャイアントベイトのお供「夢屋・ウルトラストロングハンドル」NEW
2-12
「奥田学ビッグセオリーvol.4」食わせるための操作を司るセッティングNEW
2-11
「奥田学ビッグセオリーvol.4」バルキーワームのフックセレクトNEW
2-10
「奥田学ビッグセオリーvol.4」クリアアップを征するタックルセレクト
2-9
「奥田学ビッグセオリーvol.4」全泳層を支配するアンブレラ展開
2-8
「奥田学ビッグセオリーvol.4」中層&ボトムのスイムジグ展開
2-7
「奥田学ビッグセオリーvol.4」冬の王道ビッグベイティング「デッドスロー」展開
2-6
「奥田学ビッグセオリーvol.4」ボトムレンジ攻略の答え「ボトム転がし」
2-4
「奥田学ビッグセオリーvol.4」巻きのアドバンテージ【飛距離編】
2-3
「奥田学ビッグセオリーvol.4」巻きのアドバンテージ【スピード編】
2-2
「奥田学ビッグセオリーvol.4」バイトを導きだすサーチと食わせ【クリアアップを征するビッグセオリー】
2-1
この記事のエピソード
奥田学 BigTheory シーズン2 「クリアアップを征するビッグセオリー」奥田学BigTheory[ビッグセオリー]vol.4
番組TOPへ