釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
たくみづけ シーズン5 伊藤巧にクギヅケ!たくみづけVol.9「オカッパリでカバーゲームin霞ケ浦&利根川水系」

伊藤巧にクギヅケ!たくみづけVol.9「Takuito’s サーチと食わせのオカッパリタックル選」

季節感を広めに捉えた食わせとサーチのタックルセッティング

今回の霞ケ浦&利根川水系オカッパリ。季節は春から初夏に向かうタイミング。

そんな状況下のため、ミッドからポストスポーンを食わせるスローかつ移動距離を抑えたシャローカバーゲームがハマったわけだが、たくみが用意していたのは撃ちモノ系以外に、プリからアフターに対応する水面系やハードベイト、もちろん食わせの切り札的フィネスも導入。

ここでは、その使用タックルたちを紹介!!

ポストからアフターシーズンの本命はビッグベイト&トップ!!

状況サーチとピンスポットでの水面展開として使っていたのは、ヒラトップ140Fなど。

さらに、フリップドムのノーシンカー&ネイルリグやテキサス系などのワーミングもこなせる使用タックルはコチラ。

ロッドはロードランナーヴォイスLTT680MH。

チャター系ベイトやスイミングジグ、バズベイトでのロッドを立てたスラックラインリーリングで素晴らしい操作性を見せる。ロングキャストテキサスのズル引きやボトムバンピングもしやすい。長めかつ軽快な、レングスを活かした攻めが得意なアイテム。もちろんカバーロッドとしても秀逸で、4/0フックまでのテキサスリグなどでディスタンスをとってアプローチし、ラインスラックが多い状態からでもロングストロークで確実にフックアップ可能です。

出典:ノリーズ

リールはメタニウム シャローエディションのHGで、ラインはシーガー・R18フロロハンタータクトの16Lb。

適度な軟らかさと伸びで扱いやすく、ロングキャストも利かせられる高強度フロロ。

しなやかな糸質で高い操作性と飛距離を生み出し、さまざまなルアーフィールドに対応。

出典:シーガー(クレハ合繊)

ミッドバーサタイルのセッティングのため、遠距離でも近距離でもオカッパリのベイトタックルはコレ1本で、ある程度のルアーも使用可能。

真夏になるまではシャローカバーゲームがアツい!!

今回のメインとなったシャローカバーゲーム。たくみが用意したカバーゲーム用タックルは2セット。

ともに7ft2inchのロッドだが、まずはフリップドムで使っていたブチ抜き系ロッドは、ロードランナーストラクチャーNXS STN720H。

20lb.ラインを組み合わせられる強さを持ちながら、シングルハンドでの操作になんの不安も無いほどの軽快さを備えるアイテム。ヘビーカバーを撃ち続けるバルキーテキサスはもちろん、フィネスに扱いながらもパワフルなフッキングが求められるフリップギルのネコリグにもその操作性が光ります。張りとトルクをバランスさせたバットパワーは、ガード付きラバージグでのカバー越しのフッキングもしっかりと決めることができます。軽くシャープな操作性、感度も優れ、それでいてトルクフルな特性は「ストラクチャーNXS」を代表する一本です。

出典:ノリーズ

リールはメタニウムHG-LEFTに、たくみが絶大な信頼を置く最強フロロ、シーガー・R18フロロリミテッド・ハードバスの20Lb

ワーミング系を含むあらゆる展開で、アングラーに圧倒的なアドバンテージを与えてくれる高強度フロロ。

特に高強度&高感度のシーガー・R18フロロリミテッド・ハードバスは、カバーゲームに欠かせないライン。

シリーズ最高クラスの強度と感度を追及した、中・上級者向けのラインです。強度と感度を重視したハリのある糸質に仕上げていますので、ハードタイプのラインに慣れていないアングラーの方はご注意下さい。

出典:シーガー(クレハ合繊)

 

アメリカのトーナメントシーンで鍛え上げたシャローカバーゲームで、バイトがあれば有無をいわさずフルフッキングのゴリ巻きファイト。

このパワーに耐えられるのが、STN720Hとハードバス20Lbの強さ!

 

かたや、同じく7ft2inchで、軽めのリーダーレスダウンショットを扱うための操作系ロッド、ロードランナーストラクチャーNXS STN720MH。

高比重ノーシンカーでのベジテーション攻めや、軽めシンカーのフリーリグでの消波ブロック撃ちなど、軽いリグと太いラインを用いた繊細なアプローチのためのアイテム。7フィート2インチのレングスとは思えない操作性で軽快かつ長距離のピッチングをこなし、適度な張りを持つティップで繊細なリグコントロールと的確なバイト感知能力を備えます。軽く、シャープなブランクでありながらベリーからバットにはトルクを持たせ、柔らかく力強いフッキングが可能。スムーズなベンドカーブを描くテーパーで、低活性時の浅いフッキングでも不安なくランディングに持ち込めるテクニカルなアイテムです。

出典:ノリーズ

リールはベイトフィネスセッティングのアルデバランBFS XG-LEFT。

ラインはシーガー・R18フロロリミテッド・ハードバスの12Lb。

シリーズ最高クラスの強度と感度を追及した、中・上級者向けのラインです。強度と感度を重視したハリのある糸質に仕上げていますので、ハードタイプのラインに慣れていないアングラーの方はご注意下さい。

出典:シーガー(クレハ合繊)

 

元々は強めのベイトロッドで4inchクラスのフィネスベイトを扱うために作ったのがSTN720MH。そこに軽いリグを飛ばせるベイトフィネス用リールを合わせることで、3.5gや5gのチビツイン系ワームも高精度でプレゼンテーションできる本気のベイトフィネスセッティングとなる。

スポーン遅咲き組&アフターには巻き系ハードベイトタックル!!

スポーニングは全て一斉に終わるわけではなく、エリアや個体によってタイムラグもある。

今回、今からスポーニングで入ってくるであろうエリアの手前や、すでにスポーニングが終わって潜んでいるであろうエリアで使っていたのが、サブサーフェイスのレイダウンミノー・ウェイクプロッププラスやクランクベイト、スピナーベイト。

その時、ロッドはもちろんハードベイトスペシャル! ロードランナーヴォイス・ハードベイトスペシャルHB640ML。

極めて高い汎用性をもち、特にジャークベイト適性の高さが光るロッド。鋭いジャーキングを作り出す適度なティップの強さ、軽いジャークベイトも無理なく飛ばせるスムーズなテーパーが高次元のジャークベイトゲームを実現。HBブランクの特性を最大限に生かし、シャロークランクから3メートルダイバーまで、ストレスのない投げ心地とミスのないフッキング性能を両立。トップウォーター、バズベイト、チャター系ベイト、スピナーベイト、バイブレーションなど、ありとあらゆるハードベイトをこなせるロッドとして、多くのアングラーから高い評価を得ています。

出典:ノリーズ

 

風が当たって荒れたり、梅雨空のローライトコンディションはハードベイトの出番!

リールはメタニウムDCで、ラインはシーガー・R18フロロハンター・タクトの16Lb。

しなやかな糸質で高い操作性と飛距離を生み出し、さまざまなルアーフィールドに対応。

出典:シーガー(クレハ合繊)

 

巻き続けるクランクやスピナーベイトはもちろん、何かに当てて使ったり、ロッドワークで誘いだすアプローチにも扱いやすいセッティング。ある程度の遠投もこなせるが、キャストアキュラシーをさらに高めてくれる6ft4inch。

タフタイムで困った時のフィネスタックルはコレ!!

ハイプレッシャーフィールドはもちろん、とにかくバイトを引きだした。何とか釣りたい時に使ってもらいたいのが、パドチューのスプリットショットを代表するフィネスアプローチ。

たくみが使用していたタックルは、オカッパリでまさに1本でライトフィネス系何でもOKのモデル。

ロッドはロードランナーストラクチャーNXSの新しいスピニングモデル、STN620LS。

ボートはもちろんバンクフィッシャーマンにも強力な武器となるのが“ハイスピードフィネス”。1/16oz前後のジグヘッドやスプリットショットリグ、ダウンショット、ネコリグ、ノーシンカーなどライトリグ全般に高次元対応する汎用性を誇ります。ティップセクションはバスに食い込ませるソフトさと、リグをミリ単位で動かす操作性、シンカースタックを起こさない絶妙な張りを持たせ、ベリーから強い張りのあるエクストラファストテーパーでついばむようなバイトも一瞬で掛けていけます。「待ち」になりがちなフィネスを攻撃的に、ハイスピードにこなせる至高の一本です。

出典:ノリーズ

Takuitoの解説はコチラ!

 

リールはNEWステラ2500Sに、ラインはシーガー・R18フロロリミテッド・ハードバスの4Lb。

スピニングタックルで使用する細番手のフロロラインにおいて、これ以上のモノがあるのだろうか?

それほど多くのアングラーに支持を得続けている高強度&高感度フロロ。

シリーズ最高クラスの強度と感度を追及した、中・上級者向けのラインです。強度と感度を重視したハリのある糸質に仕上げていますので、ハードタイプのラインに慣れていないアングラーの方はご注意下さい。

出典:シーガー(クレハ合繊)

ロードランナーストラクチャーのソリッドティップスピニング、ST620MLS-Ft「ハイスピードフィネス」の次世代版として、ソリッドティップではなくチューブラーブランクで新たに生まれ変わったのが、ロードランナーストラクチャーNXSのSTN620LS「ハイスピードフィネス」。

春から初夏は魚の季節感やモードに幅があるため、タックルを絞り込むのは難しかったが、すべては狙いの展開でハメてビッグサイズをバイトに導くため。あとは個々のスタイルにマッチしたタックルセレクトが釣果を大きくアシスト!
今回たくみが持ち込んだタックルセッティングについての解説動画はコチラ!

関連記事

伊藤巧にクギヅケ!たくみづけVol.9「今回も多い⁉ たくみづけ劇場」NEW
1-12
伊藤巧にクギヅケ!たくみづけVol.9「毎度恒例、たくみの持ち込みバッグイジり!」NEW
1-11
伊藤巧にクギヅケ!たくみづけVol.9「抑えのパドチューに新たなナミ⁉」NEW
1-10
伊藤巧にクギヅケ!たくみづけVol.9「ウワサのヒラトップ140Fイジります」NEW
1-9
伊藤巧にクギヅケ!たくみづけVol.9「新作クランク完成! ショットオーバー3.5TSをイジる」NEW
1-8
伊藤巧にクギヅケ!たくみづけVol.9「季節感に合わせたハードベイト展開」NEW
1-7
伊藤巧にクギヅケ!たくみづけVol.9「食わせるための王道フィネス」NEW
1-5
伊藤巧にクギヅケ!たくみづけVol.9「Takuitoの今&季節先取り初夏バス展開」NEW
1-4
伊藤巧にクギヅケ!たくみづけVol.9「もう1つのカバー展開は誘う系」
1-3
伊藤巧にクギヅケ!たくみづけVol.9「スロー展開の正解はカバードム」
1-2
伊藤巧にクギヅケ!たくみづけVol.9「たくみのJAPAN STYLE! オカッパリでシャローカバー」
1-1
この記事のエピソード
たくみづけ シーズン5 伊藤巧にクギヅケ!たくみづけVol.9「オカッパリでカバーゲームin霞ケ浦&利根川水系」
番組TOPへ