釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
たくみづけ シーズン5 伊藤巧にクギヅケ!たくみづけVol.9「オカッパリでカバーゲームin霞ケ浦&利根川水系」

伊藤巧にクギヅケ!たくみづけVol.9「季節感に合わせたハードベイト展開」

フィーディングフィッシュ狙いはハードベイト!

ミッド&ポスト初期のタイミングに当てはまった今回、その中でも季節感が遅れている個体や一時的なフィーディングを期待して投入したのが、ハードベイトによる巻きアプローチ。

使用したルアーはクランクベイトとスピナーベイト。さらに、アフターからアーリーサマーに本番を迎えるウェイク系ジャークベイト。

エリアセレクトと水中の季節感にもよるが、新利根川でたくみが愛用しているのは、ワーミングクランク ショットフルサイズ。

「ワーミングクランクショット フルサイズ」

オリジナル「ショット」の実績充分なアクションと軽快なヒラ打ち、優れた カバー クランキング性能をそのままに、キャスタビリティとアピール力、レスポンスをも 向上したのが「フルサイズ」。カラーによって使い分けるボーンホワイト系ABSとクリア系ABSのボディ素材+空気室最大確保構造+タングステン&スチールウエイト、それらの相乗効果で高浮力なキレのあるアクションを生み出します。クリア系ABSリップによるスモールシルエットとともに、ABS成型だから可能なリップ裏面 の”キャスティングフィン”が飛行姿勢を安定させキャスタビリティを向上します。そしてカラーと使うシチュエーションを考え合わせ、アピール系はラトル、ナチュラル系はサイレントと、カラーにサウンドを同調させた実戦的ラインナップとなっています。水深70cm~1.5mという、最もクランキングを多用する水深を手堅くカバーしていける、非常にオーソドックスなセッティングがクランキングの主軸を築きます。アシ際からリップラップ、消波ブロック、さらには点在するウィードクランプをストレスなく攻め続けられる、幅の広い使い勝手が最大の魅力です。

出典:ノリーズ

 

最大潜行レンジは1.8m前後で、障害物が多く比較的浅めの新利根川において絶大な人気と誇るクランクベイトの1つ。

まさに新利根クランクと呼ばれるほど多くの実績も持つ。

フックはピアストレブルで、フロントは#7または#8、リアは#6に交換。

いくら良いルアーだったとしても、フックのせいで魚が掛からない、
獲れないのでは全く意味が無い。トレブルフックについて、もっともっと考えて欲しい。トレブルフックに求められる性能とは何か?

魚がルアーにアタックした際、フックポイントが魚体に触れやすくする為のワイドゲイプ。ポイントが触れたその一瞬で、魚体に食い込もうとするような刺さりの良さ。アワセたパワーをしっかりと、素早く貫通力に変換できる絶妙な内向きポイントデザイン。掛けた魚に主導権を奪われず、確実に取り込む為の強度を有する、ピアスフックで培ったオールベンドデザイン。トレブルフックの宿命と言えるフックポイントのルアー本体や障害物等への断続的な接触でも、フックポイントが鈍りにくく鋭さが長続きするような耐摩耗性特殊鋼材サイバーメタルの採用。

実践を通して見えて来た理想の形状と素材に、タントラムコントロールに採用した異次元のフッキングパフォーマンスを持つTCコートを採用。RYUGIの持てるノウハウを惜しみなく注ぎ込んだ、至高のトレブル。

出典:リューギ

 

風が吹いたらコレ!! 荒れやすい天候にスピナーベイトは必携!!

初日はローライト寄りで濁った場所もあったため、一歩沖側から岸沿いにかけて投入したのが、スピナーベイト。

たくみが使っていたのはクリスタルSの3/8oz。

釣れるスピナーベイトの名を不動もものとしたオリジナル「クリスタルS」“V”ブレードのアクションをロスなくヘッドへ伝えるファインワイヤーと、ナチュラルウェーブするプロファインスカートの組み合わせで強力なバイブレーションを生み出し、トータルバランスでバスにアピール。フックサイズもウェイト別に使うタックルを想定したベストサイズを装備。ファインワイヤーがもたらす直線効果との相乗による抜群のフッキング率は、使うプロ達が口を揃えて語る特長です。究極の域まで完成度を高めた、ノリーズが誇る自信のスピナーベイトです。2011年より、ショートベンディングアームを採用し、さらにアピールを強めた仕様となります。

出典:ノリーズ

ノリーズには多くのワイヤーベイトが存在するが、クリスタルSはもっともオーソドックスなワイヤーベイト。

コイツを基準にして、パワーの強さや巻くスピード、トレースレンジに合ったモデルを選ぶのも面白い。

使い込めば使い込むほど、こんなに種類が必要だろうか? と思っていたノリーズのスピナベならではのコダワリが活きてくる。

春シーズンは急な天候変化も多く、梅雨シーズンも初期は強烈な大雨や天候変化が起こりやすい。

そういった大きな状況変化に強いのがワイヤーベイト!

 

今からが本番の水面系はコレ!

別のコラムでも書いたが、それほど気にしておきたいルアーがコレ。

もしかすれば沖に浮いているプリも狙えて、今から本格化していくポスト&アフターの個体に効いてくるのが、フローティングジャークベイト。

特にたくみがオススメするのは、レイダウンミノー・ウェイクプロッププラス。

捕食よりも産卵に意識が向いているミッドスポーンは別として、ポストからアフターまでは大きく動かずに浅いスポーニングエリア内でエサを食べようとする。

ただ、体力が回復するまでは素早く動けないため、身を寄せられる障害物やカバーなどのキワをネチっこく動かせるモノで、動ける体力のある魚を浮かせてやる攻めがサイズも選べて効果的となる。

特に、場所が浅いことから沈むモノでは誘いきれず、速く沈むモノは追いつけないし、魚を浮かせることもできない。

そのためフローティングで移動距離を抑えたアピールのできるコイツが真価を発揮する!

ハイシーズンのモーニングタイムでも無風であったり、セレクティブにベイトフィッシュを追っているなどの条件で強いルアーが見切られる。そんな時でも効率よくバス引き付けてバイトさせるのが「レイダウンミノー ウエイクプロッププラス」です。ローリング主体で水面を押し分けるアクションと、ノリーズオリジナルプロップの微波動の組み合わせで絶妙な軌跡アピールを発生。低音単発系ラトルも装備し少々の波の中や深めのバスにもしっかりとアピールして浮かび上がらせます。それでいて細身ボディーのシルエットは活性の上がりきらないバスにも抵抗無く口を使わせ、高確率でバイトに持ち込むことができます。障害物周りではステイを上手く織り交ぜてのトゥイッチ&フロート。ウィードエリアやシャローフラット、インレット周辺ではタダ巻きでもしっかりと呼び上げバイトさせます。通常のトップウォーターの強い波動やボリューム感を嫌うバスたちでもたまらず飛び出してくるのが「レイダウンミノー ウエイクプロッププラス」です。

出典:ノリーズ

低速でも回ってスプラッシュアピールを可能にするテールスピン。

移動距離を抑制してくれるワイドなリップと、弱めの吸い込み系バイトも絡め獲る3フック仕様。

たくみが使っていたBR-2 ゴールドラッシュカラーは、おとなしめの操作でも絶大な明滅アピールで誘ってくれる。

フックはすべてピアストレブルの#6に交換。

ワイドゲイプ設計でフックポイントが魚体に触れる確率を高め、触れた瞬間、絶妙な内向きフックポイントがしっかり魚体にフッキングパワーを伝え、貫く。テストを重ねた理想の形状。

出典:リューギ

 

特に効果的になるのが6月からのポスト&アフタースポーンシーズン。

エリアは大きく変わらずスポーニングエリア内だが、縦ストラクチャーやカバーの周囲などで、スローにネチっこく気づかせて浮かせることが大事。

今回は季節的に少し早すぎた感もあったが、遅かれ早かれ季節感のタイムラグは必ずある。真夏の状態になって魚が沖にでるまでは、相当な破壊力を秘めたストロングパターンの1つ!

関連記事

伊藤巧にクギヅケ!たくみづけVol.9「今回も多い⁉ たくみづけ劇場」NEW
1-12
伊藤巧にクギヅケ!たくみづけVol.9「毎度恒例、たくみの持ち込みバッグイジり!」NEW
1-11
伊藤巧にクギヅケ!たくみづけVol.9「抑えのパドチューに新たなナミ⁉」NEW
1-10
伊藤巧にクギヅケ!たくみづけVol.9「ウワサのヒラトップ140Fイジります」NEW
1-9
伊藤巧にクギヅケ!たくみづけVol.9「新作クランク完成! ショットオーバー3.5TSをイジる」NEW
1-8
伊藤巧にクギヅケ!たくみづけVol.9「Takuito’s サーチと食わせのオカッパリタックル選」NEW
1-6
伊藤巧にクギヅケ!たくみづけVol.9「食わせるための王道フィネス」NEW
1-5
伊藤巧にクギヅケ!たくみづけVol.9「Takuitoの今&季節先取り初夏バス展開」NEW
1-4
伊藤巧にクギヅケ!たくみづけVol.9「もう1つのカバー展開は誘う系」
1-3
伊藤巧にクギヅケ!たくみづけVol.9「スロー展開の正解はカバードム」
1-2
伊藤巧にクギヅケ!たくみづけVol.9「たくみのJAPAN STYLE! オカッパリでシャローカバー」
1-1
この記事のエピソード
たくみづけ シーズン5 伊藤巧にクギヅケ!たくみづけVol.9「オカッパリでカバーゲームin霞ケ浦&利根川水系」
番組TOPへ