釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
奥田学 BigTheory[ビッグセオリー] シーズン4 「スピードで征するワンビッグ攻略」 奥田学BigTheory[ビッグセオリー]vol.9

奥田学BigTheory[ビッグセオリー]vol.9「表中層攻めの新機軸ベイト【アーマジョイント】参上!」

体感した人も多いはず! 久々にヤバさを感じたビッグベイト!!

奥田がメインとしたハイスピード展開で、ハス食いセレクト(ジャイアントベイティング)のため今回あまり出番はなかったが、強烈な実績を叩きだしているアイテムがコレ。

バンタムの新世代ビッグベイト「アーマジョイント190SF フラッシュブースト」。

遠くまで安定して飛び、滑らかに泳ぐチャンスを逃さない新世代ビッグベイト
「飛距離が出ない」「飛行中に回転する」…そんなビッグベイトの課題を、新機構ARMA BOOSTが解決しました。ボディが折りたたまれる機構により、ARMA BOOST非搭載モデルと比べ、約35%の大幅な飛距離UPを達成。
着水後はボディ同士を繋ぐ専用プレートが磁石で半固定され、なめらかな泳ぎを演出。リトリーブスピードを問わずにしっかりと泳ぎ、移動距離を抑えた首振りアクションの表現力にも長けています。また、停止状態でも反射光を放ってターゲットを刺激するフラッシュブーストを搭載。全てのアングラーに送る新世代ビッグベイトの実力をぜひご体感ください。

出典:シマノ

 

2021年晩夏から初秋に最終サンプルが仕上がり、長期間のテストを経て今夏リリースされたアイテムだが、今までにないギミックとコダワリが詰め込まれたルアー。

アーマジョイント190SFはスローフローティング設定の3ピースジョイントボディ。リップレスでテールはエラストマー製。

サイズは190㎜で53g。

リトリーブにおいてはスローでもハイスピードでも、ロッドワークにも機敏に反応するアクションレスポンスを持つビッグベイト。

最大の特長は、アーマブーストと呼ばれる機構。キャストした際にジョイントボディが折れ曲がり、空気抵抗をさらに減少。

アーマブーストを搭載することで、一般的な同サイズのジョイントビッグベイトと比べると、飛行中に失速せず回転しにくい。

昨今のビッグベイティングにおいて非常に大きな武器になると奥田は語る。

出典:シマノ

出典:シマノ

飛行中は折りたたまれ、着水すると元に戻る。

つまり、今までのジョイントビッグベイトでネックだった空気抵抗のデカさを排除し、さらなる飛距離を叩きだせるビッグベイトとして完成。

ほか、止めていても浮かせていてもフラッシングアピールしてくれる、バンタムルアーでお馴染みの独自機構「フラッシュブースト」も搭載。

追尾するターゲットに対して、内部から反射し続けるフラッシュブーストが生命感をより増幅。寄せた魚にはドッグウォークでボディサイドを見せ付け、捕食のスイッチを入れます。止めても小刻みに振動して輝きを放ち続ける構造は、デッドスティッキング時でも威力を発揮します。

出典:シマノ

キャスト時にフック同士が干渉しにくく、フックアップしやすくバレにくいプチロックという機構も搭載。

アーマブーストとプチロックの相乗効果でフック絡みを軽減。

フックの可動域をあえて制限することで、フック同士の絡みを絡みを軽減するプチロック機構を搭載。基本はプチロックをONにした状態で使用。ボディを折り曲げての飛行から着水、そしてアクションまで、一連の動作に問題はありません。フッキング性能を妨げることなく、一定の力が加わればフックはプチロックから外れるようになっています。

フック同士の絡みを軽減するために搭載されたのがプチロック機構。フックアイを押さえ可動域を制限して絡みを軽減。一方、バイト時にはフッキングなど一定の力が加わる事で解除される仕組みです。

出典:シマノ

1年通して対応できるアクションレスポンスは本物

アーマジョイント190SFは極秘で開発がスタートし、プロトモデルでのテスト釣行に同行したのが2021年12月と2022年4月。

晩秋から冬のデッドスロー展開と、初春の移動距離を抑えたクイック展開それぞれでビッグバスをキャッチ(MAX61.5cm・4700g超)。

春編は大きなウネリが残る中、可能性のある場所でルアーパワーを信じた結果、10Lbオーバーが出現!!

この時の動画はコチラ!

 

さらに2022年7月の夏シーズンは、リアクションを前面に押しだしたウイードエリアのハイスピード展開でモンスターバスを捕獲(61cm・3700g超)。

表層でクイックダート&ステイが沈黙し、ハイスピード展開に切り替えた瞬間、モンスターバスの本能を一気に切り替えた!!

その時の動画はコチラ!

季節別で、狙いドコロやアプローチも別で、それぞれとんでもない結果を叩きだしてもらったが、デッドスローで派手に泳がさない横の展開でも、移動距離を抑えつつクイックに誘う点の展開でも扱いやすく、キビしい環境下でも釣果に結び付けることができるパワーを持つジョイントビッグベイト。

それが、アーマジョイント190SF フラッシュブースト。

カラー展開も厳選した5色がラインナップ。

ZR-819V 001 Nオニヤマベ

ZR-819V 002 S GLシャッド

ZR-819V 003 STキラークイーン

ZR-819V 004 STモノクロベイト

ZR-819V 005 チャートホワイト

現在も品薄状態は続いているが、店頭で見つけた時は必ず押さえたい一品。

関連記事

奥田学BigTheory[ビッグセオリー]vol.9「昼時合を手中に収めるキーワード」NEW
1-9
奥田学BigTheory[ビッグセオリー]vol.9「増水時はウイードレススイムベイト」NEW
1-8
奥田学BigTheory[ビッグセオリー]vol.9「極小ベイト偏食バスへのファイナルアンサー」NEW
1-7
奥田学BigTheory[ビッグセオリー]vol.9「スピードとレンジを極めるタックルセッティング」NEW
1-6
奥田学BigTheory[ビッグセオリー]vol.9「ディープの奥の手は5gのジグヘッド」NEW
1-5
奥田学BigTheory[ビッグセオリー]vol.9「水柱を立てる黒龍の表層ハイスピードゲーム」NEW
1-3
奥田学BigTheory[ビッグセオリー]vol.9「水面&表層直下のマイクロスイムベイティング」NEW
1-2
奥田学BigTheory[ビッグセオリー]vol.9「ワンビッグ狙いのスピード特化型ゲーム」NEW
1-1
この記事のエピソード
奥田学 BigTheory[ビッグセオリー] シーズン4 「スピードで征するワンビッグ攻略」 奥田学BigTheory[ビッグセオリー]vol.9NEW
番組TOPへ