釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
三原節 シーズン1 三原節vol.1「早春リザーバーでオカッパリ」

【三原節vol.1】三原節セレクトルアー「水面編」

三原直之が最強かも⁉と思ったi字系プラグ

水面系で用意したのは、ロケ出発前に入手したプロトのi字系プラグ「iアロー(アイアロー)」。

フックは掛かり重視とサイズ感で、ピアストレブルダガーの#10をセレクト。

出典:リューギ

 

スゴくキレイなi字を保って泳ぐプラグで、ヘッド部のフラット面で水を受けやすいため、フローティングタイプなのに急潜行で泳ぐタイプ。

ボディ細部を見ると、尻ビレ状のパーツを装着しているが、このパーツが思わぬ副産物的アクションを生みだしているとのこと。

そのアクションとは「頭あがりで浮上する」こと。

 

食わせるための新たな可能性を持つのが「iアロー」

通常、リップ付きのミノーであれば潜らせて浮上させた際は頭あがりで浮かせることもできるが、水を噛ませて潜らせるには、ある程度の力が必要。

その際にどうしてもラインの存在やリップ付きプラグの抵抗によってノイズ(=違和感)が入りやすい。

iアローの特性上、リップレスでスムーズに潜るため、静かに動かすことができる。

この「エサっぽさ」が、非常に気に入っているところであり、今までのi字系プラグになかった要素とのこと。

早春のプリを攻略するにあたり、静かなアプローチが絶対条件。ビッグベイトのアピールを嫌いやすい状況下では大きな武器になる!

使い方はギルロイド系と同じく棒引き(=i字アクション)で使用。ロケでは壁沿いにベイトを追い込んでいるシチュエーションでものの見事にバイトを誘発できたため、今後も新たな使い方やメソッドが生まれそうな一品!
iアローは三原直之の釣果を支えるスピニングタックルで使用。
iアローなど軽量リグ全般
ロッド:ロデオライド リバイバー 61UL-M アンセム【イマカツ】
リール:ルビアス2506【ダイワ】
ライン:ソラロームⓇエクスレッド3.5Lb【東レ・モノフィラメント】

ラインは、普段なら4Lbだが、季節的にシビアなこととプレッシャーが高いことを考慮し、ソラロームⓇエクスレッドの3.5Lbをセレクト。

使用するラインだが、直線性を高めて操作性をUPしてくれる新たなフロロカーボンラインとして、ソラロームⓇエクスレッドtypeNSの4Lbもラインナップ。

 

結びやすさが強化された、実戦仕様の結束強力。エクスレッドのDNAたる、徹底された均一直線構造。よりしなやかな糸質で、クセのない伸びやかな直線性を発揮。抜群の操作性で、スイム系からテクニカル系ルアーにベストマッチ。2020年3月新発売。

出典:東レ・モノフィラメント

結束強力も高くなってしなやかさもあるため、ラインスラックを操る繊細なアプローチにもドンピシャなラインだ。

関連記事

【三原節vol.1】新たな可能性を感じさせるジャイアントベイト
1-12
【三原節vol.1】早春~春リザーバー×ミハラ的オカッパリタックル
1-11
【三原節vol.1】ミハラ的オカッパリ装備
1-10
【三原節vol.1】ミハラのコダワリ【フック考察】
1-9
【三原節vol.1】ミハラ的「今シーズンの新たな武器」ナノスリットの可能性
1-8
【三原節vol.1】三原節セレクトルアー「スイムベイト編」
1-7
【三原節vol.1】三原節セレクトルアー「エビ編」
1-5
【三原節vol.1】三原節セレクトルアー「魚編(ソフトベイト)」
1-4
【三原節vol.1】三原節セレクトルアー「ビッグベイト編」
1-3
【三原節vol.1】食わせるための三原節
1-2
【三原節vol.1】ミハラ的「春リザーバーの落としどドコロ」
1-1
この記事のエピソード
三原節 シーズン1 三原節vol.1「早春リザーバーでオカッパリ」
番組TOPへ