釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
三原節 シーズン1 三原節vol.1「早春リザーバーでオカッパリ」

【三原節vol.1】三原節セレクトルアー「スイムベイト編」

プリバスにアジャストしたのはスイムベイト攻め!

速い動きに対して反応しきらない状況も想定し、奥の手として用意していたのがスイムベイト。

出典:イマカツ

特にビッグなプリスポーンには絶大な効果があるため、三原くんはハドルスイマー4.5inch、ステルススイマー(トリプルフック仕様)、ベビーステルスのヘビーウェイトを持ち込んでいた。

出典:イマカツ

中でも比較的シルエットが小さいワカサギがいることから、セレクトしたのはハドルスイマーの4.5inch。

出典:イマカツ

 

一般的なスイムベイトよりもサイズは小さいが、ミハラくん的には、そのフィールドやシチュエーションのベイトサイズに合わせることが基本!

ロケ時も想定外の強風が吹き荒れる中で、風波が適度に当たる場所を見た際、一瞬のヒラメキでセレクトしたのがコレだった。

 

オフセット仕様やトレブルフック仕様ではない理由

通常のスイムベイトはお腹側にフックが付いていることが多い中、ハドルスイマー4.5inchに関してはオフセットフックではなく、背針チューンを施して使用。

三原くんの経験上、中層や表層を泳ぐスイムベイトより下のレンジから浮いてきて追ってくるバスは、フックの存在を感じると急に見切ったり、バイトまでいかずに付いてくるだけというシーンを多く見てきたとのこと。

その違和感を解消するべくオフセットフックをやめて背針にすると、バイト率は急上昇したとのこと。

 

背針セッティングの作り方は?

使用していたフックはタチウオ釣り用のもので、ワームがズレないよう工夫されているタイプ。このフックをハドルスイマー4.5inchの背中に薄皮で通し刺しするだけ。今でいうホバストセッティング!

ウエイトはお腹側のスリットからノド元に向けて2.2gのネイルシンカーを挿入。低重心になるので泳ぎも安定しやすいとのこと。

 

表層はダメ、速い動きもダメ・・・その答えがコレ!!

目を付けたのは風と波がブチ当たるガレ場を敷き詰めたナナメ護岸エリア。

ただこの荒れ具合では表層はダメだが、表層よりも1m下を狙うならば、スイムベイトの中でも背針セッティングのハドルスイマー4.5inchセレクトが三原節!

ロケでは、このハドルスイマー4.5inchを瞬間的なヒラメキで投入し、攻略しきれずにいたフィーディングモードのビッグプリを見事バイトに導いてくれた。

この食い方こそ間違いない答え! エサと思わせて食わせる三原節そのもの。

1日の中でも数回あるフィーディングタイムで、エリアとタイミングを絞り込めれば答えはスグにでるのが三原くんの釣り方! フィーディングモードの個体攻略ほど、狙った感の強いアプローチはほかにない!!

関連記事

【三原節vol.1】新たな可能性を感じさせるジャイアントベイト
1-12
【三原節vol.1】早春~春リザーバー×ミハラ的オカッパリタックル
1-11
【三原節vol.1】ミハラ的オカッパリ装備
1-10
【三原節vol.1】ミハラのコダワリ【フック考察】
1-9
【三原節vol.1】ミハラ的「今シーズンの新たな武器」ナノスリットの可能性
1-8
【三原節vol.1】三原節セレクトルアー「水面編」
1-6
【三原節vol.1】三原節セレクトルアー「エビ編」
1-5
【三原節vol.1】三原節セレクトルアー「魚編(ソフトベイト)」
1-4
【三原節vol.1】三原節セレクトルアー「ビッグベイト編」
1-3
【三原節vol.1】食わせるための三原節
1-2
【三原節vol.1】ミハラ的「春リザーバーの落としどドコロ」
1-1
この記事のエピソード
三原節 シーズン1 三原節vol.1「早春リザーバーでオカッパリ」
番組TOPへ