釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
ザ・グレート・ヒロセマンの餌木蔵劇場 シーズン2 餌木蔵劇場vol.3「磯&波止でオカッパリエギング!」

【餌木蔵劇場vol.3】ヒロセマンのアクティブ系エギングタックル公開

アクティブに狙う秋エギングのオススメセッティング

ヒロセマンが餌木蔵劇場vol.3でメインにしていたタックルは2セット。

1本目はウワサの餌木蔵スティック!

餌木蔵スティックは9月中旬頃からメジャークラフトのインスタグラムでスタートしたキャンペーン「餌木蔵スケスケ祭2020」のプレゼントモデル。

12月までの期間で3回応募チャンスがあり、合計30名に当たるらしい!

詳しくはコチラ!

出典:メジャークラフト

餌木蔵スティックは8ft6inchの並硬(メジャークラフトのエギングロッドでいうEパワー)でチューブラーモデル。

リールは中-小型のスピニングリールで、この時はバリスティックLT3000S-CXHを使用。

ラインはエギング専用設計のPEライン「弾丸ブレイド・エギング専用X4」または「弾丸ブレイド・エギング専用X8」の0.5、0.6、0.8号でOK。

4本組の弾丸ブレイド・エギング専用X4はコチラ!

年間を通して数多くの実釣取材を繰り返すヒロセマン。どんなにシビアな状況であろうと失敗は許されない。
取材スタッフからの厳しいプレッシャーにさらされて身も心もズタズタの毎日だ(笑)。シビアな状況ではここぞの一尾を掛けたときが「撮れ高OK」と「ボウズ」の別れ道。まさに天国と地獄。ヒロセマンは考えた。「ぼくには救世主が必要だ」と。もちろんテツ氏のことではない。否、テツ氏も救世主だ、いつも感謝していますとはヒロセマンの言。そんな葛藤から生まれたのがPEライン<弾丸ブレイド>。みんなの味方ヒロセマンがこだわった優れたコストパフォーマンス。厳しいプレッシャーをはねのける日本製の信頼感。そして新設計によるこだわりが凝縮された<弾丸ブレイド>。アングラーを全力でフォローする充実のラインナップ。遂にメジャークラフト・ライン-プロジェクトが始動します。

出典:メジャークラフト

 

8本組の弾丸ブレイド・エギング専用X8はコチラ!

コストパフォーマンスが優れた日本製PEライン<弾丸ブレイド>。新設計による編み込み方法で、操作性に優れた「低伸度」と、水中の変化やアタリを感じる「高感度」を実現。初心者でも使いやすいように表面をコーティングし、適度なハリを持たせることであらゆる釣りに対応し、ガイドへの糸絡みなどライントラブルを軽減しています。ショアなどで活躍する視認性に優れた単色タイプに、オフショアで有利や10mマーカータイプもラインナップ。

出典:メジャークラフト

一般的なショアエギング用

ロッド:餌木蔵スティック86並硬[メジャークラフト]※非売品

リール:バリスティックLT3000S-CXH[ダイワ]

ライン:弾丸ブレイド・エギング専用X4 or 弾丸ブレイド・エギング専用X8 0.5号[メジャークラフト]

リーダー:弾丸フロロショックリーダー・エギング専用2号[メジャークラフト]

 

そして、もう1本はソリッドティップエギングロッドで、ショアティップランモデル。

強靭なバットパワーで操作性のよさと高感度を実現する三つ巴(中・高弾性カーボン、4軸カーボン、クロスフォース)カーボンブランクを採用。

トリプルクロスのTCX-S862E「ショアティップランスタイル」。

軽い力でシャクりやすいし、何より高弾性のソリッドティップはわずかな違和感も手元に伝える高感度!

 

出典:メジャークラフト

8ft6inchは飛距離も稼ぎやすくてフィールドも選ばないエギングの王道スペック。今やエギングロッドの長さは、ほとんどが8ft6inch。

トリプルクロスのエギングロッドは8ft6inchと8ft3inchに絞り込んでラインナップ。

メジャークラフト初のエギングロッドとして登場した「トリプルクロス」シリーズが、12年の時を経て最新スペックで登場!

出典:メジャークラフト

 

ショアティップランモデルはホワイトペイントで視認性がよく、高感度な高弾性ソリッドティップを搭載したモデル。

ショア(岸)からでもティップランエギングのように目と手でイカのアタリが感じ取れるロッド。

このソリッドティップエギングロッドには1つ軟らかいモデルとして「TCX-S862EL」もラインナップ。

2.3-3号メインならS862EL、3.5号まで扱うならS862EでOK。

グリップは操作時の取り回しがよい長さで、キャスト時のホールド感も絶妙に気持ちよい。

リールは同じくバリスティックLT3000S-CXH。

PEラインは弾丸ブレイド・エギング専用の4本編み「X4」か8本編みの「X8」。号数も同じく0.5-0.8号でOK。

弾丸ブレイドのエギング専用X4はコチラ!

出典:メジャークラフト

弾丸ブレイドのエギング専用X8はコチラ!

出典:メジャークラフト

ショアティップランセレクト

ロッド:トリプルクロス・エギングモデル ソリッドティップ TCX-S862E「ショアティップランスタイル」[メジャークラフト]

リール:バリスティックLT3000S-CXH[ダイワ]

ライン:弾丸ブレイド・エギング専用X4 or 弾丸ブレイド・エギング専用X8 0.5号[メジャークラフト]

リーダー:弾丸フロロショックリーダー・エギング専用2号[メジャークラフト]

 

PEライン使用とくればフロロリーダーも必要!

PEラインは弾丸ブレイドのエギング専用を使用しているが、どうせならフロロリーダーも専用のモノをオススメしたい。

ヒロセマンが使用しているリーダーは、弾丸フロロショックリーダー・エギング専用。

滑りのよいコーティングを施したフロロカーボンリーダーで、根ズレにも強い安心の日本製!

種類は5Lb、6Lb、7Lb、8Lb、10Lb、12Lbで各30m巻き。この日は8Lb(2号)をセレクト。

出典:メジャークラフト

 

または、ノットが苦手な人にオススメしたいのが、弾丸簡単リーダー。

PEラインで簡単なループを作って、そのループにくぐらせるだけ! とにかく簡単で強度も十分。

こちらも2号前後でOK。ラインナップは6Lb、7Lb、8Lb、10Lb、12Lb。


出典:メジャークラフト

専用以外のモノでもアオリを釣ることはできるが、ロッドやラインが軟らかかったり硬かったり、使用感が微妙な時もあるため、エギングするならエギング専用でそろえた方が軽快にストレスなく楽しめるはず。ぜひとも専用セッティングでアクティブなエギングを楽しまれてみては⁉

関連記事

【餌木蔵劇場vol.3】イカの反応を引きだし続けるシャクリ方のコツNEW
1-9
【餌木蔵劇場vol.3】ヒロセマンがオススメする秋~初冬のエギングロッド選NEW
1-8
【餌木蔵劇場vol.3】餌木蔵直伝「エギのサイズを選ぶコツ!」NEW
1-7
【餌木蔵劇場vol.3】餌木蔵スティックGETのチャンス!![餌木蔵スケスケ祭2020のおさらい!]NEW
1-6
【餌木蔵劇場vol.3】竿抜け場を探せ! 堤防の狙いドコロNEW
1-4
【餌木蔵劇場vol.3】アオリに直結! 磯場の狙いドコロNEW
1-3
【餌木蔵劇場vol.3】スケスケボディで新たなアピール! 餌木蔵NEWカラーをエグるNEW
1-2
【餌木蔵劇場vol.3】オカッパリの基本! 磯と堤防でエギング!!NEW
1-1
この記事のエピソード
ザ・グレート・ヒロセマンの餌木蔵劇場 シーズン2 餌木蔵劇場vol.3「磯&波止でオカッパリエギング!」NEW
番組TOPへ