釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
UP DATE[アップデート] シーズン1 UP DATE[アップデート]vol.2「釣れる理由と釣れない原因」

「UP DATE vol.2」とんがった進化系!? 開発中プロトロッド公開!

グラディエーターマキシマムのプロトモデル登場!

ロケの合間、普段はブツ撮りなどを済ましているため、タックルやルアーなどを一気に拝見するのだが、その中に1つ、気になるロッドを発見!

そのロッドは、グラディエーターマキシマムのプロトモデル。

2021年にリリース予定のテストサンプルだった。

バズベイト&スイムジグ系など

ロッド:グラディエーターマキシマム72MH(プロト)【レイドジャパン】

リール:メタニウムHG-L【シマノ】

ライン:シーガー・R18 フロロリミテッドHARD BASS14Lb【クレハ合繊】

合わせていたリールはメタニウムHG-Lでラインはシーガー・R18フロロリミテッドHARD BASSの14Lb。

シリーズ最高クラスの強度と感度を追及した、中・上級者向けのラインです。強度と感度を重視したハリのある糸質に仕上げていますので、ハードタイプのラインに慣れていないアングラーの方はご注意下さい。

出典:シーガー(クレハ合繊)

 

レングスは7ft2inch、MHパワーでテスト中のモデル。

カナモはバズベイト(マスタブラスタ)やスイムジグなど広範囲を素早くサーチできる巻き系アプローチで使用していた。

巻き系統からワーミングまで幅広く扱えるマキシマムのミディアムヘビーバーサタイル系として、MHパワーで少しとんがったテイストの7ft2inchに味付け中!

カナモ直々の解説はコチラ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vish(@vishjp_ig)がシェアした投稿

関連記事

「UP DATE vol.2」次世代ホバストワーム「ホバストフィッシュ」大解剖!
2-9
「UP DATE vol.2」今回のメインタックル激エグり!!
2-8
「UP DATE vol.2」激スレバス攻略のリアクション攻め 
2-7
「UP DATE vol.2」答え合せ的「食わせのリグ」セレクト 
2-6
「UP DATE vol.2」吊るしのNEWセッティング
2-5
「UP DATE vol.2」落ちアユパターンのメイン「おさかな君」大解剖!
2-4
「UP DATE vol.2」すべては水中映像試し撮りから・・・
2-3
「UP DATE vol.2」メインパターンとサブパターンのクロスオーバーアプローチ
2-2
「UP DATE vol.2」釣れない「原因」と釣れる「理由」をアップデート!
2-1
この記事のエピソード
UP DATE[アップデート] シーズン1 UP DATE[アップデート]vol.2「釣れる理由と釣れない原因」
番組TOPへ