釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
UP DATE[アップデート] シーズン1 UP DATE[アップデート]vol.2「釣れる理由と釣れない原因」

「UP DATE vol.2」激スレバス攻略のリアクション攻め 

表層、中層でダメならば底!

表層付近の魚系ベイトを意識している時、表層で食わせようと思うと瞬間的なタイミングが大事!

スイッチが入った瞬間は取り合い状態にもなるし、食ったあとも複数が追いかけてくる。これは魚が見えるクリアフィールドの特権でもある。

しかし、ニュートラルな時間はまるで逆。

鼻先まできてルアーをよけるし、近づかないし、まったく無視。時として「無」の時間帯になる。

投げれば投げるほどプレッシャーもUP。これも見えるフィールドの特権。

ラインを浸けずに表層ドリフトで流すと距離を空けてついてくることもあるが、足元付近で気づかれて見切られた経験もあるのでは?

そこで時折ハマるのが、表層の超高速リトリーブ。ただしチャンスはだいたい最初のみ。

さらに、出てもルアーの後ろや、よそ見している時が多いのは、釣りあるある。

ロケ時も同じ状況となったが、カナモがバイトに持ち込んだのが、スティックベイトの底放置からのリアクションアプローチ。

 

使用していたルアーは、ファンタスティックの5.8inch

ファンタスティックといえば、ノーシンカーからネイルリグ、ジグヘッド、フリーリグやキャロなど使用範囲の広いスティックベイト。

4.8inchと5.8inchの2サイズで、この時は5.8inchをセレクト。

左右によくダートし、フォール時のテールアクションがナチュラルすぎてヤバいアイテムだが、瞬間的なアクションを加えた時のファーストラン(レスポンス)がスゴく速い。

このハイレスポンスは、縦偏平のボディ形状とマテリアルの相乗効果に感じる。

この時も、カナモは落ちアユ目線の魚を見つけ、ファンタスティック5.8inchのノーシンカーで表層高速巻きでアユが流されるであろうコースをトレース。

ところが、なかなか反応しなかったため、魚の通り道的な場所に沈めて待つことにした。

魚が通り掛かろうとした時に瞬間的なジャークでリアクションバイトを誘発。これが一撃でハマった。

パターン的には落ちアユを意識するバス攻略で、フォールで食わせるスイムベイト・おさかな君とは異なったベクトルのアプローチ。イメージはS字系ビッグベイトのバビューンに極めて近い操作法。ボトム放置してからの忍耐力は問われるが、魚が忘れた頃の瞬間的なアクションが一気にスイッチを入れてくれる!

関連記事

「UP DATE vol.2」とんがった進化系!? 開発中プロトロッド公開!
2-10
「UP DATE vol.2」次世代ホバストワーム「ホバストフィッシュ」大解剖!
2-9
「UP DATE vol.2」今回のメインタックル激エグり!!
2-8
「UP DATE vol.2」答え合せ的「食わせのリグ」セレクト 
2-6
「UP DATE vol.2」吊るしのNEWセッティング
2-5
「UP DATE vol.2」落ちアユパターンのメイン「おさかな君」大解剖!
2-4
「UP DATE vol.2」すべては水中映像試し撮りから・・・
2-3
「UP DATE vol.2」メインパターンとサブパターンのクロスオーバーアプローチ
2-2
「UP DATE vol.2」釣れない「原因」と釣れる「理由」をアップデート!
2-1
この記事のエピソード
UP DATE[アップデート] シーズン1 UP DATE[アップデート]vol.2「釣れる理由と釣れない原因」
番組TOPへ