釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
奥田学 BigTheory シーズン2 「クリアアップを征するビッグセオリー」奥田学BigTheory[ビッグセオリー]vol.4

「奥田学ビッグセオリーvol.4」クリアアップを征するタックルセレクト

メインは巻き3種類と底1種類!

状況を想定してメインで用意したタックルを紹介!

まず、巻き展開で用意したのは3種類!

デッドスロービッグベイティングはコチラ。

ロッドはバンタム1711H-SBにリールはスコーピオンMD 300XG LH。ハンドルは夢屋ウルトラストロングハンドル55mm

出典:シマノ

 

出典:シマノ

 

ラインは信頼のガノア アブソルートAAA 20Lb。

出典:バリバス

ブラックデュラゴン用

ロッド:バンタム1711H-SB【シマノ】

リール:スコーピオンMD 300XG LH【シマノ】

ライン:ガノア アブソルートAAA20Lb【バリバス】

 

スピード優先のスイムジグはコチラ!

ロッドはエクスプライド・オーバー8の190XXH-2、リールはNEWアンタレスDC HG。

190XXH-2

長めに設計されたグリップによって、空気抵抗の大きいビッグベイトの大遠投を可能にしたスイムベイト特化型モデル。 ブランクスは軽量かつ十分なパワーを備えており、バイトを絡め取るソフトティップも魅力的な要素のひとつ。ワン&ハーフ設計によりベリーからバットにかけて十分なパワー生み出す為、フッキング精度を向上させアングラーのキャッチ率に貢献します。

出典:シマノ

 

出典:シマノ

ラインはガノア アブソルートAAA20Lb。

出典:バリバス

スイムジグ用

ロッド:エクスプライド・オーバー8 190XXH-2【シマノ】

リール:NEWアンタレスDS HG【シマノ】

ライン:ガノア アブソルートAAA20Lb【バリバス】

 

全泳層OKのアンブレラ系はコチラ。

ロッドはバンタム180XXH-SB、リールはスコーピオンMD 300XG LH。

出典:シマノ

出典:シマノ

 

ラインは飛距離と強度、扱いやすさで信頼するガノア アブソルートAAA20Lb。

 

出典:バリバス

アンブレラ系

ロッド:バンタム180XXH-SB【シマノ】

リール:スコーピオンMD 300XG LH【シマノ】

ライン:ガノア アブソルートAAA20Lb【バリバス】

 

底(ボトム転がし)は1手!

マンバスリムのボトム転がしはコチラ!

ロッドはバンタム168MH、リールはアンタレスHGレフトハンドル(※ハンドルはフォースマスター600DHのハンドルに変更)。

出典:シマノ

出典:シマノ

ラインはガノア アブソルートAAAで、カバー絡みやパワーゲームに主軸を置いた時は20Lb。

今回キーとなった飛距離と操作性を優先する時は16Lbを使用。

出典:バリバス

マンバスリム用

ロッド:バンタム168MH【シマノ】

リール:アンタレスHGレフトハンドル【シマノ】

ライン:ガノア アブソルートAAA16Lb or 20Lb【バリバス】

奥田の使用タックルは、常に寸分の狂いがないセッティング。釣り方やアプローチにフォーカスを当てたタックルセッティングのため、確実に釣果UPをアシスト。クリアアップした時ほど、ルアーもタックルも「スピード」、「飛距離」、「レンジ」を強く意識したセレクトが大事!

関連記事

「奥田学ビッグセオリーvol.4」ジャイアントベイトのお供「夢屋・ウルトラストロングハンドル」NEW
2-12
「奥田学ビッグセオリーvol.4」食わせるための操作を司るセッティングNEW
2-11
「奥田学ビッグセオリーvol.4」バルキーワームのフックセレクトNEW
2-10
「奥田学ビッグセオリーvol.4」全泳層を支配するアンブレラ展開
2-8
「奥田学ビッグセオリーvol.4」中層&ボトムのスイムジグ展開
2-7
「奥田学ビッグセオリーvol.4」冬の王道ビッグベイティング「デッドスロー」展開
2-6
「奥田学ビッグセオリーvol.4」巻きのアドバンテージ【ギア比編】
2-5
「奥田学ビッグセオリーvol.4」ボトムレンジ攻略の答え「ボトム転がし」
2-4
「奥田学ビッグセオリーvol.4」巻きのアドバンテージ【飛距離編】
2-3
「奥田学ビッグセオリーvol.4」巻きのアドバンテージ【スピード編】
2-2
「奥田学ビッグセオリーvol.4」バイトを導きだすサーチと食わせ【クリアアップを征するビッグセオリー】
2-1
この記事のエピソード
奥田学 BigTheory シーズン2 「クリアアップを征するビッグセオリー」奥田学BigTheory[ビッグセオリー]vol.4
番組TOPへ