釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
OKaTV シーズン3 OKaTV・バンクトレイルvol.4「メジャー河川・倉敷川オカッパリでアフター攻略」

OKaTV・バンクトレイルvol.4「倉敷川アフター攻略のメインタックル」

倉敷アフター攻略のメインは3本!

季節先取りパターンを実践した岡くんが倉敷川のオカッパリで持ち込んだタックルは3セット。

季節的に必要な水面系のダッジにはコレ!

ダッジ&カバー撃ち用

ロッド:グラディエーターアンチGA-610MHC「バルトロ」(レイドジャパン)

リール:ジリオンSV TW1000HL(ダイワ)

ハンドル:85㎜カーボンハンドル(SLPW)

ライン:ソラロームⓇエクスレッド14Lb(東レ・モノフィラメント)

 

Length: 6’10” Power(Action): Medium Heavy Taper: Fast Lure Wt.: 5/16-1oz. Line: 10-20lb. Price: 29,500yen(w/o TAX)
全国的に魚のアベレージサイズが上がり、それに伴い使うルアーのサイズ/ウェイトが上がる中、比例するようにアングラーが求めるロッドもより強く・長くなっています。中量級バーサタイルBaltoro「バルトロ」は、10g~20gクラスのムービング系/ソフトベイト系を中心に、パワフルさの中にも繊細さを兼ね備えた真(芯)の強さが自慢のミディアムヘビーパワーロッド。バスフィッシングの基本的動作である「キャスティング」と「フッキング」を高次元で両立。また、ワンランク下のパワーにあたるJokerとは同レングス、さらに持ち替えた時の違和感を極限まで無くすためにグリップ形状や長さなどバランスを統一化。これはGLADIATORオリジナルシリーズのTransporter & Skywalkerと同じく、フィーリングを変えることなくロッドパワーだけを上げたい…という、RAID JAPAN設立時からのコンセプトを引き継いでいます。

出典:レイドジャパン

ロッドは岡くんの右腕といっても過言ではない、グラディエーターアンチのバルトロ。

リールは評判がよすぎるジリオンSV TW1000HL(ギア比7.1:1)で、ラインはソラロームⓇエクスレッドの14Lbをセレクト。

ダッジクラスのトップからカバー撃ちまで幅広く対応させるべく、飛距離と操作性のイイとこ取りで14Lb。

技術の粋を究めたポンド別専用設計プレミアムライン。徹底してこだわり抜いた均一直径・均一強度・耐摩耗性能。このラインだけで全てにフィットする。

出典:東レ・モノフィラメント

 

エビパターンで中層スイミングに使用していたメインタックルはコチラ!

フィネス用

ロッド:グラディエーターマキシマムGX-61ULS-ST「マックスフィクサー」(レイドジャパン)

リール:イグジストFC LT2500S-CXH SLPWセミオーダーシステム(ダイワ)

ライン:ソラロームⓇエクスレッド4Lb(東レ・モノフィラメント)

 

Length: 6’1” Power(Action): Urtla Light Taper: Ex. Fast (Solid TIP) Lure Wt.: MAX 3/16oz. Line: MAX 5lb. Price: ¥50,000(W/O TAX)
完成度が高く多くのアングラーに愛用されているAntiシリーズのフィクサー(GA-61ULS-ST)をMAXXチューン。
タフなフィールドのバスを攻略する為、ブランクス素材や処理を吟味、初採用となるテーパード製法によるバランスUPによる軽量化、オールトルザイトガイドを採用してセッティングを見直し、とにかく最高でいて最強な操作性を求めてブラッシュアップを図りました。
その上で身に付けたのは、アンダー80gという圧倒的な軽さと操作性だけではなく、扱うワームやリグの幅の広さ。
通常のULクラスのSOLID TIPロッドでは扱いにくかった2.5gや3.5g、時には5gシンカーを使用したワーミング等、オーバーウエイトと思えるセッティングも扱う事が可能になり、それでいてアンダーウエイトのリグの操作性も格段に向上しました。
異次元の軽さ・操作性を手に入れながら、テーパード製法によりバットガイドから下のパワーが格段にUPしているので、ライトラインでのビッグバスとのファイトも容易。
6フィート1インチ、ウルトラライト、ソリッドTIP・・・
今の時代のライトリグには欠かせないスペックのロッドですが、その中でもMAXXな操作性を体感出来るMAXX FIXER。
手の延長ではなく、もはや指先の延長とも言える新次元の1本です。

出典:レイドジャパン

ロッドはフィネス専用モデルであり、最近のお気に入り! グラディエーターマキシマムのマックスフィクサー。

リールはフィネス専用で多用するイグジストFC LT2500S-CXHで、ラインはソラロームⓇエクスレッド。

今回は軽量ダウンショットの中層スイミングで、リグをコントロールするための適度な重さ&抵抗と強度が必要不可欠だったため、4Lbをセレクト。

技術の粋を究めたポンド別専用設計プレミアムライン。徹底してこだわり抜いた均一直径・均一強度・耐摩耗性能。このラインだけで全てにフィットする。

出典:東レ・モノフィラメント

 

同じくエビパターンでボトム展開のタックルはコレ!

ロッド:グラディエーターアンチGA-65PBF「パワーベイトフィネス」(レイドジャパン)

リール:スティーズCT SV TW700XHL(ダイワ)

ハンドル:85㎜カーボンハンドル(SLPW)

ライン:ソラロームⓇエクスレッド10Lb(東レ・モノフィラメント)

 

Length: 6’5″ Power(Action): Medium Light Taper: Fast (30t Solid Tip) Lure Wt.: 3/16-3/8oz. Line: 6-14lb. Price: 31,500yen(w/o TAX)
ベイトタックルで軽いルアーを扱うだけの釣りに限界を感じ、RAID JAPANがいち早く提唱してきたパワーベイトフィネスゲーム。スピニングタックルの繊細な釣りとベイトタックルの豪快な釣りの“隙間”を埋めるのがベイトフィネスだとすると、ベイトフィネスとベイトの“僅かな隙間”を埋めるのがパワーベイトフィネスの釣り。「パワーベイトフィネス」と冠した当モデルは、名に恥じる事のない対応能力の高さを誇ります。ベイトフィネスゲームの核となるストレートワームのネコリグで、目に見える変化をよりスピーディに撃っていく…、そこにいるであろう魚に対しスモールラバージグなどでより精度の高い喰わせのアクションを入力…、さらにそのまま10gアンダーのプラッギングの釣りにも対応できるのは、30tカーボンを使用したソリッドティップ・アンサンドブランクス・4軸補強・オリジナルガイドセッティングの賜物。当機種のみが搭載している限界まで攻めたパーツも、レーシーさと操作性の高さを体現しています。

出典:レイドジャパン

ロッドは一年五三シリーズでも活躍し続けた名作ロッド、グラディエーターアンチのGA-65PBF「パワーベイトフィネス」。

オカッパリでのベイトフィネスやシャッド系&小型トップ系などスモールプラッギングにも欠かせない1本!

リールはスティーズCT SV TW700XHLのSLPWチューンで、ラインはソラロームⓇエクスレッドの10Lb。

技術の粋を究めたポンド別専用設計プレミアムライン。徹底してこだわり抜いた均一直径・均一強度・耐摩耗性能。このラインだけで全てにフィットする。

出典:東レ・モノフィラメント

 

あまり多く荷物を持ち込みにくいオカッパリでは、攻めるエリアと攻め方を絞り込めば、さらに効率もUP可能。これからの倉敷川では、上流と中流は水面系と中層、下流は水面系とボトムで分ければ問題ナシ!

持ち込みタックルの解説はコチラ!

関連記事

OKaTV・バンクトレイルvol.4「ホバスト系リグの収納法」NEW
4-10
OKaTV・バンクトレイルvol.4「できたてのマイクロダッジをイジる」NEW
4-9
OKaTV・バンクトレイルvol.4「シャローで効くもう1つのエビパターン」NEW
4-8
OKaTV・バンクトレイルvol.4「アフター狙い撃ちの持ち込みルアー」NEW
4-7
OKaTV・バンクトレイルvol.4「アフター攻略の水面系セレクト」
4-5
OKaTV・バンクトレイルvol.4「下流エリアのアフター攻略ストロングパターン」
4-4
OKaTV・バンクトレイルvol.4「中ー上流のアフター攻略ストロングパターン」
4-3
OKaTV・バンクトレイルvol.4「狙いドコロはバンク」
4-2
OKaTV・バンクトレイルvol.4「岡友成が地元フィールド・倉敷川に突撃!」
4-1
この記事のエピソード
OKaTV シーズン3 OKaTV・バンクトレイルvol.4「メジャー河川・倉敷川オカッパリでアフター攻略」
番組TOPへ