釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
UP DATE[アップデート] シーズン1 UP DATE[アップデート]vol.2「釣れる理由と釣れない原因」

「UP DATE vol.2」落ちアユパターンのメイン「おさかな君」大解剖!

当日大本命だったのがスイムベイト展開!

ロケ前にとある事情で状況を知っていたカナモが大本命と想定していたメインパターンが、スイムベイトによる落ちアユパターン。

投入していたのは、ウワサのプロトスイムベイト「おさかな君」。

おさかな君という名前は開発コードネームで、サイズは2種類。

現時点ではインラインタイプで、頭からラインを通してフックを結ぶモデルとしてテスト中。

 

まずは小さい方からイジります!

小ぶりなサイズをジックリ見てみると、ボディはわりと角ばった面が目立つシルエット。

頭も腹もフラットな面が目立つデザインで、泳がせてもクネクネロールせず、頭固定でテールのみ左右におとなしく振るイメージ。

このモデルはテスト中ということで、ネイルシンカーで微調整しつつ、理想のアクションやフォール姿勢を模索中。

ボディサイドもズバリ「面」! フラットデザインにこだわったスイムベイトだが、これには大きな理由が存在。

その理由は、平面のフラッシングアピールはもちろん、水を受けやすいことにある。

上下左右フラットな面で囲まれたスイムベイト・おさかな君は、巻いて泳がせて食わせるスイムベイトとは違って、フォールでナチュラルさを演出する「巻かないスイムベイト」。

つまり、水の抵抗で必要以上にフラフラせず、安定して置くようなフォール性能にフォーカスを当てたスイムベイト。

テールはハドルトラウト特有のリッジテールを装着しているが、ほかの細かいギミックはまだ秘密!

重さは持った感じで30-40g前後。MH-Hパワーのロッドでも扱える範囲。

この歯型の入り方からして、ソートーなバイト誘発率とキャッチ率を持つ食わせ特化型の「巻かないスイムベイト」。これがキー!!

小さいおさかな君イジりムービーはコチラ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vish(@vishjp_ig)がシェアした投稿

 

 

そして大きいサイズもイジりました!

おさかな君の大きいモデル。サイズ感はかなり違って6-7inchクラス? 重量もかなり増量。

カナモいわく、このクラスになると、グラディエーターアンチのアンダーテイカーGA-75XXHCぐらいがベストとのこと。

ヘッド部からラインを通すインライン型スイムベイト設計は両サイズとも同じ。

フックは固定できるようにスリットも設けているが、このデザインは現段階のモノ。

もちろん「面」で囲まれたボディデザインで、水をさらに受けやすい形状。

腹側はヒラメやマゴチなどのフラットフィッシュをイメージさせるぐらいまっ平。

この設計とウエイトバランスが、置くようなデッドスロー水平フォールを可能にしてくれるとのこと。

ボディサイドももちろんフラットだが、ちょっとした角度で強烈なフラッシングアピールを感じるほど。

水中でも鏡のようなフラッシュアピールが期待できる。

勝手なイメージでは、静かな動きの中に時折、強い存在感がだせるスイムベイト。

瞬間的なアクションがバスの本能にスイッチを入れるバイトトリガーになるのかも⁉

テールも細かいデザインで、フラットボディから伝わるであろう水の受け流しも絶妙なイメージ。

大きいおさかな君イジりムービーはコチラ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vish(@vishjp_ig)がシェアした投稿

 

開発に着手した理由はコレ!

開発に着手した理由は、今や注目度は若手ナンバー1であり、カナモが気になってしかたがないプロアングラー・三原直之くんが得意とするハドルトラウトを使ったスイムベイト展開から生まれたアイテム。

ハドルトラウト(ハドルストンデラックス)を制作するメーカーにも承諾を取り、テールの形状も許可を取ったうえでハドルテールを装着。

いえる範囲で公開すると、高比重系ワームのノーシンカーよりもスローなフォールでテールを揺らしながら落ちていく。食わせるべき場所に置いていけて、食わせの間やリアクションで仕掛けることもできる食わせに特化した、沈めて食わせる次世代スイムベイト。

 

カナモ直々のライトな解説動画はコチラ!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vish(@vishjp_ig)がシェアした投稿

サイズ感はコチラを参照!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vish(@vishjp_ig)がシェアした投稿

関連記事

「UP DATE vol.2」とんがった進化系!? 開発中プロトロッド公開!
2-10
「UP DATE vol.2」次世代ホバストワーム「ホバストフィッシュ」大解剖!
2-9
「UP DATE vol.2」今回のメインタックル激エグり!!
2-8
「UP DATE vol.2」激スレバス攻略のリアクション攻め 
2-7
「UP DATE vol.2」答え合せ的「食わせのリグ」セレクト 
2-6
「UP DATE vol.2」吊るしのNEWセッティング
2-5
「UP DATE vol.2」すべては水中映像試し撮りから・・・
2-3
「UP DATE vol.2」メインパターンとサブパターンのクロスオーバーアプローチ
2-2
「UP DATE vol.2」釣れない「原因」と釣れる「理由」をアップデート!
2-1
この記事のエピソード
UP DATE[アップデート] シーズン1 UP DATE[アップデート]vol.2「釣れる理由と釣れない原因」
番組TOPへ