釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
たくみづけ シーズン4 伊藤巧にクギヅケ!たくみづけVol.7「Taku ito利根川水系オカッパリ」

たくみづけvol.7「Takuitoと伊藤巧のハイブリッド!? エリートスペックSTN680MS」

Takuitoと伊藤巧のハイブリッドロッド!?

実は、たくみにとって今回が帰国後最初の日本でのオカッパリロケ。

そんな中で持ち込んでいたのが、たくみが手掛けているロードランナーストラクチャーNXSの新モデル「エリートスペック STN680MS(プロト)」。

基本的にはPEラインセッティングで使用するが、リーダーに2.5号前後のフロロリーダーを合わせることで、カバー絡みもオープンウォーターも幅広く攻略可能。

接近戦はもちろん、ベイトフィネスでは届かない超ロングキャストも余裕でこなせる組合せ。

バスマスターエリートに参戦しながら実戦込みでテストしてきたエリートスペックのプロトは数機種あるそうで、今回使用していたのは6ft8inchのMパワーモデル「STN680MS」。

例えば、たくみが得意とするパワーフィネスだが、PEラインを使用することで、ある程度の障害物や少々のカバーでもこなせるパワーと操作性を持ち、オープンエリアでのアプローチも問題なし。

ラインは、シーガー・完全シーバスフラッシュグリーンの0.6号に、グランドマックスの2.5号を使用していたが、もしパワーフィネスタックルだけであればオープン場は撃てないし、ライトライン仕様のフィネスタックルであればカバーは撃てない。

荷物を持てないオカッパリの時こそ真価を発揮するのが、1本で幅広い汎用性を持つこのロッド。

エリートスペックのSTN680MSは、1本でカバーからオープン場まで幅広く、非常に高精度なアプローチをこなせるモデルとしてブラッシュアップ!!

たくみいわく、今後の日本のバスフィッシングシーンでベーシックなモデルになるのでは? と思えるほどの扱いやすさ。

令和の新たな時代に生まれ変わったバッシングスピンとして完成間近!!

Takuito伊藤巧のロードランナーストラクチャーNXS エリートスペックSTN680MS 解説はコチラ!

関連記事

たくみづけvol.7「利根水系、霞水系オカッパリのタックル公開」NEW
1-13
たくみづけvol.7「帰国してさらに大胆に! たくみづけ劇場」NEW
1-12
たくみづけvol.7「たくみの持ち込みバッグをイジる」NEW
1-11
たくみづけvol.7「シーガーの新作フロロ・タクトとは?」NEW
1-9
たくみづけvol.7「食わせの王道、たくみ流フィネスの武器」NEW
1-8
たくみづけvol.7「虫、カエル、エビと変幻自在! たくみのピコチュー大解剖!!」NEW
1-7
たくみづけvol.7「迷った時のサーチ&食わせはヘビキャロ!!」NEW
1-6
たくみづけvol.7「たくみの巻きモノローテfor初秋オカッパリ」NEW
1-5
たくみづけvol.7「オカッパリで食わせるカバーゲームローテ」NEW
1-4
たくみづけvol.7「初秋からの水面系ローテ」NEW
1-3
たくみづけvol.7「増水時は食わせで攻めるワーミング!」NEW
1-2
たくみづけvol.7「ホームリバーに凱旋アタック! 利根水系オカッパリ攻め!!」NEW
1-1
この記事のエピソード
たくみづけ シーズン4 伊藤巧にクギヅケ!たくみづけVol.7「Taku ito利根川水系オカッパリ」NEW
番組TOPへ