釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
OKaTV・一年五三 シーズン2 OKaTV・一年五三2nd-夏編

[OKaTV・一年五三2nd-夏編]エリアごとに異なる「流れ」と「水質」。

OKaTV・一年五三2ndの夏編ロケは、梅雨真っただ中の7月初旬に敢行!

昨年の夏編は最高気温38-40度の中だったが、少しでも違う夏パターンを検証&構築するため、今年はあえて夏初期をセレクト。

そんな五三川は前日夜から強烈な雨で急激な増水となったが、ローライトで雰囲気は抜群。

ところが朝イチ、普段から人気のある通称・新護岸(養老団地下流)はOKaTV・一年五三シリーズ初の誰もいない状態。

期待に後押しされながら中流チェックから開始して、早いペースで上流、下流、最下流を調査しながら状態を確認すると、中流の水質はマシ。上流は激濁りで逆流。最下流はキレイ。中流から下流はほぼノーカレントで、いつも通り、魚にとってはキビしいフィールドコンディション。

上流は川幅が狭くなる養鶏場から上が泥濁りに近く、逆流したまま2又に分かれる合流地点(中洲の畑)も1つの川筋になるほど増水。実をいうと、この状態は初日の夕方に水位低下で解消されたが、翌日は再び水位上昇に転じ、またもや中洲の畑は水没。この日は終日、増水モードで減水せず、上流は逆流のままだった。

 

細池から流れる筋も護岸沿いは完全に水没。オーバーハングも浸かり気味で釣れそうな雰囲気しかしなかったが・・・。

 

下流から最下流も水位が高くて護岸は水没。ただ濁りはなく、想像以上に小バスやギルなどの生命感に溢れていた。

しかし、排水が掛かるほどではないようで減水ペースはスロー。あまりに減られると昨年夏の地獄絵図も脳裏に蘇るが、水温自体は雨による増水で冷たく感じた。

夏といえども魚の動くタイミングは朝イチではなく、外気温が膨らむ午前中から昼前の時間帯! これはまさに水温上昇待ち。小バスやギルの数が多い下流エリアでは確実に大型の姿も確認!!

関連記事

[OKaTV・一年五三2nd-夏編]裏OKaTV-夏編~プロトスティックベイトを勝手にエグるNEW
2-12
[OKaTV・一年五三2nd-夏編]裏OKaTV~AVI50とAVI35を勝手にイジるNEW
2-11
[OKaTV・一年五三2nd-夏編]もしかして忘れがち? リアプロップの利点と威力NEW
2-10
[OKaTV・一年五三2nd-夏編]裏OKaTV~エグ弾タイプ極を勝手にエグる
2-9
[OKaTV・一年五三2nd-夏編]大増水の激タフ夏ゴサン対応タックル
2-8
[OKaTV・一年五三2nd-夏編]夏定番!五三川フロッグ攻略の狙いドコロ
2-7
[OKaTV・一年五三2nd-夏編]底モノ捕食系デカバス対応リグ「瞬テキ」
2-6
[OKaTV・一年五三2nd-夏編]ゴサンで確実に釣るためのリグ公開
2-5
[OKaTV・一年五三2nd-夏編]夏ゴサン攻略のための水面系ローテ
2-4
[OKaTV・一年五三2nd-夏編]夏ゴサンの答えは「マッチザベイトリアクション」
2-3
[OKaTV・一年五三2nd-夏編]冷夏ゴサンの狙いドコロ
2-2
この記事のエピソード
OKaTV・一年五三 シーズン2 OKaTV・一年五三2nd-夏編
番組TOPへ