釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
キムケンスタイル シーズン3 キムケンスタイルvol.9「ZEROからはじまりZEROで締める秋池攻略」

【キムケンスタイルvol.9】 秋爆を呼び込むキムケン式水面系ローテ

キムケンが秋のため池でローテした水面系がバズテール系プラグの「イヴォークZEROプロト」2サイズと「NZクローラーJr.」。

イヴォークZEROビッグプロト&イヴォークZEROミニプロト【デプス】

現段階の最新プロト。上がビッグで下がミニ。ビッグは主にタダ巻きで使用し、ミニはリッピング主体でタダ巻きでも威力を発揮。

アピール度は大きく異なるが、ため池などの小規模フィールドでは池全体の魚を呼び込んでしまいそうなほどの存在感を放つ。フロントフックはピアスクアッドを装着。

 

NZクローラーJr.【デプス】

戦慄のマグナムクローラーベイト・NZクローラーのダウンサイズ版が、NZクローラーJr.。

一般的に扱いやすい1ozサイズだが、アピール度はオリジナルサイズの血統をしっかり受け継いだアイテム。泳ぐ速度やアクションはカエルや小動物系のイミテートとして最適な一品。

フラットワイドボディのビッグクローラーベイト『NZクローラー』。
大型ステンレス製ウィングから生まれるトルクのある力強いクローラーアクションは、フラットワイドボディを優にロールさせパワフルな水押し波動と水面を撹拌。クローラーベイトでは類を見ないほどの威嚇能力でビッグバスを苛立たせてくれます。

出典:デプス

大きな違いは巻きスピードとアピールの大きさ。広範囲から呼び込むイヴォークZEROはビッグがタダ巻きメイン、ミニはピンスポット(オーバーハング下など)でのリッピング中心に使用。

魚が反応しているが追い切らないと見るや、さらにスピードを落としたNZクローラーJr.でアプローチ。特にレイダウンや障害物のキワなどはNZクローラーJr.で丹念にチェック。

共通している要素は圧倒的な存在感だが、イヴォークZEROプロトは直線的な動きと独特のサウンドアピール、NZクローラーJr.は定点でもがくような動きと異なった水面波動&サウンド。

ロケ時の魚からの答えは直進波動系! イヴォークZEROミニのプロトタイプでバイト!!

水面系でも別ベクトルでアピールするアイテムをローテし、魚の意識と反応を見てベストなタイプを見極めれば、その日の魚のモードと答えがよく分かる

関連記事

【キムケンスタイルvol.9】秋池攻略の3大タックル
3-11
【キムケンスタイルvol.9】存在感を与えるジグスト&スピスト攻め
3-10
【キムケンスタイルvol.9】減水池ハードベイトパターンその2「バイブレーション」
3-9
【キムケンスタイルvol.9】減水池ワーミングパターンその2「煙ing(けむりんぐ)」
3-8
【キムケンスタイルvol.9】減水池ハードベイトパターンその1「クランキング」
3-7
【キムケンスタイルvol.9】キムケンプロデュース「マックスセント・パワーワグ」大解剖
3-6
【キムケンスタイルvol.9】減水池ワーミングパターンその1「ロングワーム」ローテーション
3-5
【キムケンスタイルvol.9】ZERO最新ホーコク「進化系フックはピアスクアッド」
3-4
【キムケンスタイルvol.9】シャローorディープ 秋深まればブレイクに注目!
3-2
【キムケンスタイルvol.9】ZEROではじまりZEROで締めるキムケン式秋池攻略
3-1
この記事のエピソード
キムケンスタイル シーズン3 キムケンスタイルvol.9「ZEROからはじまりZEROで締める秋池攻略」
番組TOPへ