釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
奥田学 BigTheory シーズン1 奥田学BigTheory vol.2「三寒四温のビッグセオリー」

【奥田学BigTheory vol.2】温モードのビッグセオリー対応!奥田学のビッグルアー用タックル公開

メインで使用したベイトタックルを公開!

超重量級ジャイアントベイト対応ロッドは、バンタム170UH-SB(2019限定生産モデルで受注期間終了)。

170UH-SB
7フィートのウルトラヘビーは、
バンタムだから実現できた!

この170UH-SBはスーパーパワーゲームに特化したロッドで、ビッグベイト、マグナムベイトといったビッグルアーを操るため、800gまで背負えるように設計されたバンタムシリーズ最強のパワーロッドです。マグナムベイト用のロッドは、その多くが8フィート前後だと思いますが、テストを繰り返すうちに長いことのメリットよりもデメリットを多く感じるようになり、最終的に7フィートに落ち着きました。
短くしたことのメリットは、横方向にジャークするにも、上方向にあおる操作をするにも非常にさばきやすいこと。そして何よりも、キャストが楽になり、アキュラシー性能が飛躍的に高まったことが、このロッドの最大の特長といえます。
また、通常のバンタムロッドはコルクグリップを採用していますが、170UH-SBにはEVAグリップが装着されています。800gもの負荷がかかった状態でフルキャストすると、力強く握っていてもグリップが滑りやすくなります。特に雨の日はその傾向が強くなるので、このモデルに限ってはより滑りにくいEVAを選択しました。
ルアーをより遠くへ、より正確にキャストし、イメージどおりにアクションさせる操作性と、ウルトラヘビーのパワーを7フィートという長さで両立させるのは、非常に高い技術レベルが必要。シマノのテクノロジーと、バンタムロッド開発陣の情熱があったからこそ、世に出すことができたロッドだと思っています。

出典:シマノ

 

リールは十分すぎるラインキャパのグラップラー300HG(ソルトのジギング用リール「フォースマスター600DH」のハンドルに変更済)。

出典:シマノ

 

 

ラインはスレに強く信頼できるフロロ「バリバス・ガノアアブソルートAAA」の30Lb。フルキャストでも不安を感じさせない高強度ライン!

出典:モーリス

 

 

ビッグベイトとアンブレラリグはともに同じロッド!

デッドスロー命のブラックデュラゴンにはバンタムのビッグベイト用ロッド「1711H-SB」。

1711H-SB

遠投性とパワーを重視したスイム&ビッグベイトロッド。

ビッグベイト、スイムベイト、マグナムスプーン、アンブレラリグ、ビッグクランクなどのビッグルアーを扱えるパワフルロッド。強度を保持したまま軽量化に成功し、50~100gクラスのルアーを安定して遠投できます。キャストの方向性を定めやすく、カバーやマンメイドストラクチャーへのアプローチも得意。一定スピードでリトリーブしやすく、キスバイトにも巧みに追従し、的確にフッキング。ガイドは強度と剛性を重視したオールダブルフット仕様です

出典:シマノ

しなやかで強く、リトリーブ系アプローチにマッチするロングキャスト性能にも秀でたモデル。

 

巻きといえばこのリール! ローギアリールの代表格「カルカッタコンクエストDC200」。

細やかなブレーキセッティングが可能なI-DC5を搭載し、対バックラッシュ性能が飛躍的に向上。新たにW(ウインド)モードを設けることで強風への対応力も強化しました。軽く立ち上がり、低弾道で伸びやかな飛びを実現するマグナムライトスプールとの相乗効果で遠投力とキャスタビリティがアップ。空気抵抗の大きいマキモノ系ルアーも強風下で楽に遠投できます。高剛性の冷間鍛造ボディに組み込まれたマイクロモジュールギアはローノイズで滑らかな巻きごこちを実現。NEWローラークラッチによって回転抵抗が低減され、巻き上げパワーにさらなる磨きがかかりました。待望の100サイズ登場により、マキモノの覇者が適応力をさらにアップ!

※RIGHTモデルは2020年3月、LEFTモデルは5月発売予定(200RIGHT、201LEFTは発売中)

出典:シマノ

 

 

ラインはフロロカーボンで、強度以外に操作性、ロングキャスト性も見越してバリバス・ガノアアブソルートAAAの20Lbをセレクト。

出典:モーリス

 

 

アンブレラリグ(ファイブアーマー・クイックチェンジャー)もロッドは同じく1711H-SB! ロングキャストとレンジごとの操作性、パワーファイト時のアドバンテージも取り入れたセレクト。

リールは飛距離とコントロール性、レンジコントロールを容易にするギア比のアンタレスDC HG(ハンドルはフォースマスター600DHのハンドルに変更)。

 

最新鋭マイコンで爆発的な初速を1000分の1秒単位で自動制御する「NEW 4×8DCブレーキ」、慣性モーメントを最小限に抑え、飛距離を飛躍的に高める「NEWマグナムライトスプール」、精緻なギアの噛み合わせが異次元の巻きごこちを届ける「マイクロモジュールギア」、キャスト時のスプール回転を安定させる「サイレントチューン」。これらシマノの最高技術を、高精度・高剛性「HAGANEボディ」で包み込んだ、ベイトリールの最高峰モデルです。

出典:シマノ

ラインは強度、操作性、ロングキャスト性で文句なしの、バリバス・ガノアアブソルートAAAの20Lb。

出典:モーリス

 

コブナ5inchの多連結!フォースアタックリグで使用したのはコレ

度肝を抜くフナパターン対応リグ、コブナ5inch×4個の変形多連結型フォースアタックリグにはこのセッティング。

ロッドは大型スイムベイトやビッグベイトを操る豪竿「バンタム180XXH-SB」

180XXH-SB

モンスターを獲るためのビッグベイト用スペシャルロッド

100~300g級の大型ビッグベイトをロングキャストして、モンスターサイズのバスを獲るために誕生したロッド。遠投性能を重視した8’0”レングスで、バンタムシリーズの中でも圧倒的なパワーを誇ります。アングラーの負担を低減するため、キャストの初動で曲げ込んだ後は、ロッドがオートマチックに復元して大型ビッグベイトをリリースできる抜けのよいブランクスに設計。リリースタイミングを把握しやすいのでキャストアキュラシーが高く、マンメイドストラクチャーの際ギリギリをトレースするアプローチも得意とします。接近戦ではアングラーの存在に気付いて口を使わないモンスターサイズをロングディスタンスで攻略するのが基本戦術ですが、精度の高いキャストができるので、オカッパリで狭い場所を狙い撃ちする際にも有効なパワーロッドです。
※ガイドセッティングは強度と剛性を重視したオールダブルフット&ダブルラッピング仕様

出典:シマノ

抵抗が大きなモノもストレスなくロングキャストできるアンタレスDC MD XGを使用(ハンドルはフォースマスター600DHのハンドルに変更)。

ビッグベイトの釣りをはじめとするストロングゲームを見据え、各部を専用チューニング。8段階に設定できるXBブレーキにより、空気抵抗の大きいルアーもストレスなくキャストすることが可能です。ギア比は7.8のスピード仕様。最大ドラグ値を6kgに上げることで、大型魚と真っ向勝負を挑めます。ソルトゲームにもお使いいただける海水対応です。

出典:シマノ

ラインは信頼のバリバス・ガノアアブソルートAAAの25Lbをセット。20Lbでは細いが30Lbでは操作性が心配という時の25Lb設定はうれしいところ。

オカッパリでタックルが限られるシチュエーションや、絶対にミスのできないトーナメントシーンで多くのバサーから愛用されてきたアブソルートがリニューアル。独自のPUT製法により、フロロカーボン分子の密接率を約15%アップさせ、耐摩耗性や結節強度などバスフィッシングに求められる全ての要素でAAA(トリプルA*)を達成。オーバーポンドスペックも実現したことで、一般的なフロロラインと比べて同じ強さでもワンランク細いラインを使用可能です。
*当社比

出典:モーリス

それぞれのタックルが使用ルアーに特化した独自のセッティングで、使用時に掛かるストレスを一切排除した組合せ。

関連記事

【奥田学BigTheory vol.2】BTニュース「スイムジグ系は超ド級ロングロッド・エクスプライド190XXH-2」NEW
2-14
【奥田学BigTheory vol.2】BTニュース「度肝を抜くフォースアタックリグ」NEW
2-13
【奥田学BigTheory vol.2】BTニュース「ファイブアーマー・クイックチェンジャー」大解剖NEW
2-12
【奥田学BigTheory vol.2】BTニュース「ウルトラカープハードUC-13」大解剖NEW
2-10
【奥田学BigTheory vol.2】BTニュース「次世代ブラックデュラゴン」大解剖NEW
2-9
【奥田学BigTheory vol.2】温のビッグセオリー大解剖NEW
2-8
【奥田学BigTheory vol.2】BTニュース「ボトムベイト・MANBA(マンバ)のフックセレクト」NEW
2-7
【奥田学BigTheory vol.2】奥田学のフィネス系タックル公開NEW
2-6
【奥田学BigTheory vol.2】寒のビッグセオリー裏編「ボトムベイトのボトコン攻め」公開!
2-5
【奥田学BigTheory vol.2】寒のビッグセオリー「ジグヘッドスイミング」大分析!
2-4
【奥田学BigTheory vol.2】寒のビッグセオリー「食わせるための2展開」公開!
2-3
【奥田学BigTheory vol.2】奥田学が探る「三寒四温のビッグセオリー」
2-2
【奥田学BigTheory vol.2】ベイトフィッシュの移行。ワカサギから次はコレ!
2-1
この記事のエピソード
奥田学 BigTheory シーズン1 奥田学BigTheory vol.2「三寒四温のビッグセオリー」
番組TOPへ