釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!
UP DATE[アップデート] シーズン1 UP DATE[アップデート]vol.2「釣れる理由と釣れない原因」

「UP DATE vol.2」今回のメインタックル激エグり!!

毎度恒例にしたいカナモの持ち物激エグリ!!

前回(https://vish.jp/post/6611/)もすべて紹介してもらいましたが、今回もカナモの持ち込みタックルを全公開!

今回の現場は高山ダム。行ったことのある方なら分かると思うが、アップダウンのある山道、獣道、ロッククライミング的な道など、かなりしんどくて、足場がよくない所も多いので要注意。

なので、荷物は最小限で、取りに戻らなくてもよい程度で、いろいろ持ち込んでいた。

 

まずは使用タックル

バックアップ用のサブパターンから一気にメインパターンまで昇華したスモラバの吊るし攻め。

そのアプローチで使用していたのがコチラ!

エグ弾typeレベル7gなど

ロッド:グラディエーターマキシマムGX-70HC-ST (THE MAXX)【レイドジャパン】

リール:スティーズSV TW K.T.F.チューン【ダイワ】

ライン:シーガー・R18フロロリミテッドHARD BASS14Lb【クレハ合繊】

ロッドはご存知、グラディエーターマキシマムのTHE MAXX。軽量リグやスモラバを正確無比に操れる変幻自在のヘビースペックモデル。

Length: 7’0” Power(Action): Heavy Taper: EX. Fast Lure Wt.: 1/8-1/2oz. Line: 12-16lb. Price: ¥50,000(w/o TAX)
THE MAXXは、その名の通り、GLADIATOR MAXIMUMシリーズを体現するフラッグシップモデル。
ベイトフィネスの釣りをよりヘビーカバーで行うために生み出された性能特化ブランクは、アクション表記こそ「H」だが、繊細なソリッドティップを有する。ソリッドティップでありながらブランク全体が負荷によってしなやかに追従するため、軽量リグを正確にカバーに撃ち込み、繊細に操り、喰い込ませ、カバーから引きずり出す一連の動作が違和感なく執り行える、新世代ヘビークラスの指標となるだろう。

出典:レイドジャパン

リールはスティーズSV TWのK.T.F.チューン。

ラインはシーガー・R18フロロリミテッドHARD BASSの14Lb。

シリーズ最高クラスの強度と感度を追及した、中・上級者向けのラインです。強度と感度を重視したハリのある糸質に仕上げていますので、ハードタイプのラインに慣れていないアングラーの方はご注意下さい。

出典:シーガー(クレハ合繊)

今回のMVPタックルといえばコレ。

 

そして、メインパターンで想定していたスイムベイトなどはコチラのタックル。

おさかな君など

ロッド:グラディエーターアンチGA-72HC(KingHeavy)【レイドジャパン】

リール:メタニウムXG-L【シマノ】

ライン:シーガー・R18フロロリミテッドHARD BASS16Lb【クレハ合繊】

ロッドはグラディエーターアンチの2020年追加機種「キングヘビー」。

有効長のある7ft2inchロングシャフトで異常な使用範囲の広さを誇る、硬くて軟らかいヘビーバーサタイルモデル。

Length: 7’2” Power(Action): Heavy Taper: Fast Lure Wt.: 3/8-1.1/2oz. Line: MAX 12-20lb. Price: ¥29,500(w/o TAX)
ヘビーバーサタイルロッド・キングヘビー。
従来ヘビークラスのロッドにありがちな硬くて曲がらないブランクスではなく、強くて曲がる独特なブランクスは、これ一本で今まで以上に幅広いパワーフィッシングに対応。
従来のヘビーロッドでは扱いにくかった軽めのシンカーや小型のワームを使用した際にも、荷重に対しフレキシブルに追従するブランクス性能のお陰で“投げやすく”“扱いやすく”ストレスフリー。
ピッチングやサイドキャストなどのショートディスタンスの釣りはもちろん、7’2”というレングスの性能を最大限生かしたロングディスタンスの釣りに於いても、抜群の扱いやすさを持ち合わせています。
GLADIATOR Antiシリーズでは初採用となる新たなカーボンマテリアルに、ブランクスの性能を最大限生かす為のハーフ研磨を採用。シャープなのにトルクフル、トルクフルでいてシャープなブランクスに仕上がっています。
対カバー用ワーミングロッドとしてだけではなく、オープンエリアでロングキャストした先で操作性が求められるヘビーキャロライナリグや高比重ワームのロングディスタンスゲームなどのワーミング、はたまた重量級のムービングベイトや引き抵抗の強いマキモノにも対応する、これぞ“ヘビーバーサタイル”な一本です。

出典:レイドジャパン

リールはメタニウムXG-Lにラインはシーガー・R18フロロリミテッドHARD BASSの16Lb。

シリーズ最高クラスの強度と感度を追及した、中・上級者向けのラインです。強度と感度を重視したハリのある糸質に仕上げていますので、ハードタイプのラインに慣れていないアングラーの方はご注意下さい。

出典:シーガー(クレハ合繊)

 

食わせ系のライトリグ全般はコチラ!

ダウンショット、ネコリグなど

ロッド:グラディエーターマキシマムGX-61ULS-ST (MAXX FIXER)【レイドジャパン】

リール:ヴァンキッシュC2000【シマノ】

ライン:シーガー・R18 フロロリミテッドHARD BASS4Lb【クレハ合繊】

ロッドはカナモお気に入りのマキシマム「MAXX FIXER」は、操作性、感度、パワー、トルク、すべてにおいて突出したスペックを発揮する大人気のウルトラライトソリッドティップロッド。

Length: 6’1” Power(Action): Urtla Light Taper: Ex. Fast (Solid TIP) Lure Wt.: MAX 3/16oz. Line: MAX 5lb. Price: ¥50,000(W/O TAX)
完成度が高く多くのアングラーに愛用されているAntiシリーズのフィクサー(GA-61ULS-ST)をMAXXチューン。
タフなフィールドのバスを攻略する為、ブランクス素材や処理を吟味、初採用となるテーパード製法によるバランスUPによる軽量化、オールトルザイトガイドを採用してセッティングを見直し、とにかく最高でいて最強な操作性を求めてブラッシュアップを図りました。
その上で身に付けたのは、アンダー80gという圧倒的な軽さと操作性だけではなく、扱うワームやリグの幅の広さ。
通常のULクラスのSOLID TIPロッドでは扱いにくかった2.5gや3.5g、時には5gシンカーを使用したワーミング等、オーバーウエイトと思えるセッティングも扱う事が可能になり、それでいてアンダーウエイトのリグの操作性も格段に向上しました。
異次元の軽さ・操作性を手に入れながら、テーパード製法によりバットガイドから下のパワーが格段にUPしているので、ライトラインでのビッグバスとのファイトも容易。
6フィート1インチ、ウルトラライト、ソリッドTIP・・・
今の時代のライトリグには欠かせないスペックのロッドですが、その中でもMAXXな操作性を体感出来るMAXX FIXER。
手の延長ではなく、もはや指先の延長とも言える新次元の1本です。

出典:レイドジャパン

初日の午前中に活躍したダウンショットやネコリグ、ホバストも軽快に操れるロッド。

リニアな操作感と感度、フッキングレスポンスの高さは他に類を見ないほどの完成度。

リールはヴァンキッシュC2000で、ラインはシーガー・R18フロロリミテッドHARD BASS4Lb。

シリーズ最高クラスの強度と感度を追及した、中・上級者向けのラインです。強度と感度を重視したハリのある糸質に仕上げていますので、ハードタイプのラインに慣れていないアングラーの方はご注意下さい。

出典:シーガー(クレハ合繊)

ルアーや小物系も徹底的にエグる!

バッグの中に入ってるヤツ全部しゃべる! ぐらいの勢いで、カナモは全部紹介してくれた。

おさかな君入れと化したRタンクフリー。中身はコチラ参照!

ホバストフィッシュプロトのテスト中サイズが入っていたBOX。

さらに、ホバスト系ワームがいろいろ入っていたBOXも確認!

フック類は大きいサイズとライトリグで2タイプに仕分け済。

https://twitter.com/vishjp_tw/status/1331263988726857728

という感じで、前回よりも激しくすべてを公開してくれた。

足場がよくなく、何度も往来しにくいフィールドなら、必要最低限プラスαのルアー&小物、厳選したタックル3セットあたりがベスト! 巻き主体のバーサタイル、強めのカバー攻略用、食わせのライトフィネスの3本立てが、あらゆる状況時もアシストしてくれる
今回の持ち込みタックル全解説ムービーはコチラ!

関連記事

「UP DATE vol.2」とんがった進化系!? 開発中プロトロッド公開!
2-10
「UP DATE vol.2」次世代ホバストワーム「ホバストフィッシュ」大解剖!
2-9
「UP DATE vol.2」激スレバス攻略のリアクション攻め 
2-7
「UP DATE vol.2」答え合せ的「食わせのリグ」セレクト 
2-6
「UP DATE vol.2」吊るしのNEWセッティング
2-5
「UP DATE vol.2」落ちアユパターンのメイン「おさかな君」大解剖!
2-4
「UP DATE vol.2」すべては水中映像試し撮りから・・・
2-3
「UP DATE vol.2」メインパターンとサブパターンのクロスオーバーアプローチ
2-2
「UP DATE vol.2」釣れない「原因」と釣れる「理由」をアップデート!
2-1
この記事のエピソード
UP DATE[アップデート] シーズン1 UP DATE[アップデート]vol.2「釣れる理由と釣れない原因」
番組TOPへ