釣りの総合動画サイト「Vish(ヴィッシュ)」ココロオドル釣り番組がマンサイ!

新着

番組一覧

MEMBERS ONLY 登録メンバーだけが見れるココだけのコンテンツを配信!

新着記事

【三原節vol.1】新たな可能性を感じさせるジャイアントベイトNEW
多連結系の次世代ベイト! それがデカリケーター 実はロケ前日にサンプルを入手。動きは想像以上に滑らかなジャイアントベイトが、レプリケーターの最大級モデルでもある「レプリケーターシェンロン290(通称・デカリケーター)」。 出典:イマカツ
【三原節vol.1】早春~春リザーバー×ミハラ的オカッパリタックルNEW
オカッパリで絞り込んだ三原節タックルを公開! 使用タックルとして導入したのは3本で、ほぼほぼ2本がメイン。三原くんの右腕的存在のベイトタックルとスピニングタックルのセッティングを公開。 ギルロイドJr. ロッド:ロデオライド リバイバ
Vish「琵琶湖リサーチTV」からの【お知らせ】NEW
いつも琵琶湖リサーチTVをご覧いただきまして、ありがとうございます。 本日5月29日に予定していました動画配信ですが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、撮影をお休みさせていただきました。 毎週楽しみにしていただいている視聴者様には大変申し訳ござ
【三原節vol.1】ミハラ的オカッパリ装備NEW
重たい荷物が大嫌いなアングラーに贈る、ミハラ的「VS6070 収納術」 ほかの人のタックルやBOX内をエグるほど、気になることはないはず! 三原節では、独創的すぎる三原直之の現場投入ルアーや収納法もエグっていきます。 あまりオカッパリのイ
【三原節vol.1】ミハラのコダワリ【フック考察】NEW
コダワリのカタマリ、三原直之の独自セッティングに注目! こだわっているのはルアーや食わせ方だけじゃないのが三原くん。 細かすぎることだが、少しでもキャッチ率をUPさせる独自の工夫を紹介! 注目したいのは、ギルロイドJr.のフックの向き
【三原節vol.1】ミハラ的「今シーズンの新たな武器」ナノスリットの可能性NEW
三原くんが普段から使用しているタックルで、用途によって繊細に使い分けているのがライン。 タイプごとに使い分けているが、基本はフロロカーボンラインがメイン。そんなフロロラインで基本的に使っているのが、ソラロームⓇエクスレッド。 出典:東レ
【三原節vol.1】三原節セレクトルアー「スイムベイト編」NEW
プリバスにアジャストしたのはスイムベイト攻め! 速い動きに対して反応しきらない状況も想定し、奥の手として用意していたのがスイムベイト。 出典:イマカツ 特にビッグなプリスポーンには絶大な効果があるため、三原くんはハドルスイマー4.5inch、ステ
【三原節vol.1】三原節セレクトルアー「水面編」NEW
三原直之が最強かも⁉と思ったi字系プラグ 水面系で用意したのは、ロケ出発前に入手したプロトのi字系プラグ「iアロー(アイアロー)」。 フックは掛かり重視とサイズ感で、ピアストレブルダガーの#10をセレクト。 出典:リュー
【三原節vol.1】三原節セレクトルアー「エビ編」NEW
エビ系で用意したのは伝家の宝刀とホッグ系ワーム エビ系ベイトでイミテートしたモノは、三原直之プロデュースの元祖・沈む虫系ワーム、伝家の宝刀でもある「三原虫(みはらむし)」と、ホッグ系ワーム・ゲンタホッグ。 基本的な使い方はノーシンカ
【三原節vol.1】三原節セレクトルアー「魚編(ソフトベイト)」NEW
魚系として用意したモノで、食わせに寄せたアイテムは2タイプ 三原くんは現場となったリザーバーでワカサギがいることもあって投入したのが小魚系ワーム。 バッグの中に常備するほど信頼を持つ小魚演出系のソフトベイトが、レインボーシャッドとハドルスイマー